月琴そう🌱*

月琴そう🌱*

🌱です。よろしくおねがいします。
8 件
瑞月と結日の二人に、結日の妹で双子の恵風が加わった三人の仲良し。少年期の約束が破綻してしまった、小学生も最後の年。瑞月と恵風はそれぞれに原因を察しながら、離れた結日を呼び戻すことをしなかった。それまでの男、男、女の三人から男女一体一の二人となり、思春期の繊細な障害を乗り越えて、今やお互い腹心の友という間柄になる。それは一方的に離れて行った結日を、意図なく再び振り向かせるほどだった。 高校生になり、瑞月は恵風に一途に恋焦がれていたと、想いを打ち明けるが恵風は意外に慎重だった。自分が置き去りにした後悔を振り返り、結日は瑞月とよりを戻そうと企むが、それは少し怪しげな方向へ。 学校生活での出会いが、煮え切らない恵風の気付きとなり、晴れて瑞月の想いが叶う。 ★表紙:むにさん
24hポイント 228pt
小説 5,789 位 / 128,357件 恋愛 2,839 位 / 38,219件
文字数 55,330 最終更新日 2022.01.24 登録日 2019.11.23
BL 完結 短編 R15
何もなかった 両の手 手のひら 何度見ても 何ひとつも 何ひとつも 何ひとつも 何もなかった 風のようだ全てのものが 薄れゆく愛しい姿 やさしい囁きは遠く時間と流れ 君を抱いたはずの幻 息絶えの土を握り 私の声は響かぬまま 後悔の苦み食いしばる 目を閉じても悲しい藍 君の名を呼んでみる 出せなかった手紙を抱き 還りたい無の世界へ 許されない 許してはくれない 枯れ枝のような役立たず 浮かんだ血管もの悲しく この苦しみは命果てても 許されない 許してはくれない 何もないならそれでいい これから向かう所には 君が必ずいると信じ 必ず逢えると信じ 🌱思い出す事は全て眩しく、そして後悔ばかり。
24hポイント 7pt
小説 29,913 位 / 128,357件 BL 6,222 位 / 14,138件
文字数 9,026 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.06.03
カプセルから生まれたヒトとアンドロイドの物語 一人のカプセルベビーに一体のアンドロイド 自分たちには見えてない役割はとても重い けれどふたりの関係は長い年月と共に他には変えられない大切なものになる 自分の最愛を見送る度彼らはこう思う 「あなたになりたかった」
24hポイント 0pt
小説 128,357 位 / 128,357件 キャラ文芸 3,416 位 / 3,416件
文字数 15,151 最終更新日 2020.07.10 登録日 2020.07.03
BL 完結 長編 R18
それはある雨の日の、彼の悪戯から始まった。 大人になる前に 一人で歩き出す前に 交わしておかなければならない約束が出来た。 拗らせた幼馴染み 自分だけのものにしたくなった。離れたくなかった。 ただの友だちを超えたい 彼と素肌を合せたくなって、着ている物が邪魔になった 彼はカラダが邪魔だと言った。 *『Cutie skip ★』の関連作 *ILLUSTRATION:羽沙野むにさん*
24hポイント 0pt
小説 128,357 位 / 128,357件 BL 14,138 位 / 14,138件
文字数 113,597 最終更新日 2020.06.09 登録日 2020.02.27
それはまるで幸せのかたまりだったと話す瞬。 けれどそんなことはミント本人には全く理解出来ないこと。 気持ちを真っ直ぐに瞬にぶつけるミントの純粋。 大人になった瞬はどんどん自分から離れていくようだ。 早く大人になりたい、瞬に追い付きたい。 彼が初めて自分を抱いたのは自分が赤ん坊の時。 ずっと自分を見ていてくれた瞬。 それはいつまでのことだろう……。 🌱Little boy=座敷わらし☻
24hポイント 0pt
小説 128,357 位 / 128,357件 BL 14,138 位 / 14,138件
文字数 14,214 最終更新日 2020.02.21 登録日 2019.11.06
出会いはまだ恋愛も知らなかった小学生の頃。 誰が何を言ってこようと、とても気があった俺たち。 遊びたいまま一緒に遊び、お互い心地よい距離を保っていた。 その心地よい距離は成長とともに、少しずつ変わって来た。 友だちの見ている世界が気になってソワソワして来る。 世界には色んな人がいる。 分かっているけど、自分の気持ちを抑えることが出来ないことがある。 いつからか勇知の胸の中に友だちへの特別な感情が芽生えた。 「曖昧な性はどこで何で区別すればよいのだろう・・・君が好きになる子って、どんな子なんだろう」
24hポイント 0pt
小説 128,357 位 / 128,357件 恋愛 38,219 位 / 38,219件
文字数 3,403 最終更新日 2019.12.12 登録日 2019.12.12
身の回りに何気なくいるちいさな存在。 例えば風に飛ばされるのを待ってるタンポポの綿毛や、おいしい食べ物を作ってくれる土の中に隠れているミミズ。 あなたのそばで一緒に生きてる。そしてあなたのことをこっそり応援しているかもしれない。 季節が巡って命も生まれ変わる。でも覚えている。 また会いたいまた会いたいって、初めて出会った時から。 だから会いに行く。 「君と僕が出会うまで 出会ってからもそれからも」
24hポイント 0pt
小説 128,357 位 / 128,357件 絵本 547 位 / 547件
文字数 2,766 最終更新日 2019.11.09 登録日 2019.11.09
つかみ所のない性格の彼に掴まってしまったのはスミレくんの方。 でも彼もスミレくんの事が大好き。 本当はもっと晴れ晴れとした気持ちで迎えたかった、中学生最後の春。 それまでの友だちとはすっかり離れてしまった新しいクラスに、不安と心細さしか感じなかった。 最初に声を掛けてくれた彼は、今まで出会った事のないタイプ。 自分に新しい愛称まで付けてくれた。 そんな彼と一緒にいると、毎日楽しくて退屈しない。 彼もひとりより自分と一緒の方が、楽しいし心強いと言ってくれる。 最初に感じた不安から、思いもしなかった楽しい毎日。 楽しいばかりじゃない、彼と一緒にいると新しい発見もある。 「違うよ”俺だから”じゃなくて、スミレくんと一緒だからだよ」 ”好き”と”大事”は特別扱い。粗末にしてはいけない。 彼と一緒にいると、これまで気にもとめなかったそんな事に、たくさん気付く事が出来る。 ”俺たちは生きてるってのも忘れるくらい、一生懸命生きてる” そして”あの好き”と”この好き”の違いはなんだろうって、考える。 考えながら、でも考え過ぎてはいけない。 彼の事が好きと感じるのは、自然と同じ事だから。
24hポイント 0pt
小説 128,357 位 / 128,357件 BL 14,138 位 / 14,138件
文字数 10,459 最終更新日 2019.11.04 登録日 2019.11.04
8 件