中村まり

中村まり

アルファポリス恋愛大賞2018年読者賞 受賞。ガーデニングとお料理が好き。犬や猫にとても弱い。もふもふが大好き。
5
恋愛 連載中 長編 R15
ある日、とある森の中で、うっかり子竜を拾ってしまったフロル。竜を飼うことは、この国では禁止されている。しがない宿屋の娘であるフロルが、何度、子竜を森に返しても、子竜はすぐに戻ってきてしまって! そんなフロルは、何故か7才の時から、ぴたりと成長を止めたまま。もうすぐ16才の誕生日を迎えようとしていたある日、子竜を探索にきた騎士団に見つかってしまう。ことの成り行きで、竜と共に城に従者としてあがることになったのだが。 「私って魔力持ちだったんですか?!」 突然判明したフロルの魔力。 宮廷魔道師長ライルの弟子となった頃、フロルの成長が急に始まってしまった。 フロルには、ありとあらゆる動物が懐き、フロルがいる場所は草花が溢れるように咲き乱れるが、本人も、周りの人間も、気がついていないのだったが。 その頃、春の女神の生まれ変わりを探し求めて、闇の帝王がこちらの世界に災いをもたらし始めて・・・! 自然系チート能力を持つフロルは、自分を待ち受ける運命にまだ気がついていないのだった。
24hポイント 33,378pt
小説 39 位 / 43,131件 恋愛 19 位 / 10,465件
文字数 220,867 最終更新日 2019.03.26 登録日 2018.04.25
「お前にソフィーの身代わりとして、嫁いでもらいたい」 ある日、突然、女騎士団長のジュリアに、叔父から命じられた言葉 ─ 王家の命令によって、クレスト伯爵に従姉妹が嫁がされることとなった。しかし、その従姉妹の身代わりとして、どうして自分が差し出されなければならないのだ! そんな成り行きに呆然としているジュリアに告げられたもう一つのこと。 ─ 夫なるべき男、クレスト伯爵には、すでに溺愛する愛人がいる、と。 結婚する前からすでに疎まれ、お先真っ暗な気持ちで向った結婚式の祭壇で、彼女を出迎えたのは、それはそれは妖艶な男性で。ジョルジュ・ガルバーニ公爵は、なんと代理の花婿様だと言う。 しかし、そんな彼も、とある理由があって婚礼の場にやってきてたのだが・・・・。 そして、夫が不在のまま、結婚二日目にして発覚したクレスト伯爵家の大問題の数々。蔓延する疫病、傾いた伯爵家の財政、地に落ちた伯爵家の威信・・・。 問題だらけのクレスト伯爵領を、ジュリアは、なんとか立て直そうと、孤軍奮闘しようとする。ガルバーニ公爵は、そんな彼女を優しく支えてくれて。ジュリアの心には親しみ以上の感情が芽生えてしまうが・・・ そこに、花婿本人のクレスト伯爵が戦から帰還してきて! やむにやまれず身代わり結婚させられてしまった不遇な女騎士団長は、幸せになれるのか?! 12/25より、書籍化に伴い第一章、第二章はレンタル化されました。
24hポイント 1,235pt
小説 801 位 / 43,131件 恋愛 313 位 / 10,465件
文字数 287,681 最終更新日 2019.01.05 登録日 2017.05.08
恋愛 連載中 長編 R15
現代社会で普通のOLとして暮らしていた沙也。引きこもりで内気な性格の彼女が初めて恋をした相手は、なんと魔王様だった。魔王との賭けに負け、異世界へ強制的に連れてゆかれた沙也は、魔王の寵姫にされ・・・そこで、初めて明らかになる沙也の秘密。 規格外の魔力を持つ沙也の運命は・・?  第一部完結につき、ムーンライトノベルズで投稿されていた小説を再投稿します。第二部は、アルファポリス様で先行して投稿します。
24hポイント 85pt
小説 4,757 位 / 43,131件 恋愛 1,743 位 / 10,465件
文字数 28,978 最終更新日 2018.03.25 登録日 2017.07.28
キャラ文芸 連載中 ショートショート R15
神よ、どうかお助けください。 女子校近くにある古い神社は、遙か昔、侵略された国の愛らしい姫君をまつるための場所だった。国の安全を祈る深窓の姫君に突きつけられたのは、隣国の即位したての帝の妃となることだった。 国の将来を憂い、神殿で祈りを捧げている時に見えた光、それは、姫の脳裡に不思議な光景が浮かんだ。それは、大阪に住むプロレス好き一家の女子高生だった。
24hポイント 106pt
小説 4,288 位 / 43,131件 キャラ文芸 65 位 / 1,254件
文字数 6,838 最終更新日 2017.12.30 登録日 2017.11.13
恋愛 完結 長編 R15
7月27日完結済み 今後は、不定期で「番外編」を更新します。  ◇ 現代社会で生きていたフィオナは、ある日突然、フィオナを迎えにきた異世界からの騎士に連れ去られた。実はフィオナは、セイラム国の第一王女だったのだ。フィオナが幼少のころ、王城が陥落した際に、魔導士により救出され、暗殺者の手から安全な現代社会に隠されていたのだ。 その頃、美しい銀の髪から、「白銀の王子」と呼ばれ、壮麗な美貌を誇る隣国の王子ジュリアンは、商人カイルとして、フィオナと出会う。 ジュリアンは、フィオナに一途な愛情と執着をささげ、なんとしても彼女を手に入れようと画策する。 フィオナを平民と信じていたジュリアンは身分の違いを超えて、フィオナを略奪婚により妃として娶ってしまう。 しかし、フィオナには、自国の宮廷内に幼い頃から決められていた婚約者がいた。 どんな障害にもめげずにフィオナを妃に迎えようとするジュリアンの一途な思い。そして、婚約者の誠実で優しい愛情に挟まれて葛藤するフィオナ。 セイラムの宮廷で、強力な地位を誇る婚約者と、隣国の王子との間で、揺れ動く恋。フィオナの最終決断はいかに?
24hポイント 5pt
小説 2,599 位 / 18,814件 恋愛 1,085 位 / 4,996件
5