アナマチア

アナマチア

1
恋愛 連載中 長編 R18
ウィルベリー伯爵家に男児は生まれなかった。 生まれてきたのは嫡女のシルティのみ。 女性の爵位継承が認められていない国で、未来のウィルベリー伯爵を補佐するため、当主としての厳しい教育を受けるシルティ。 天性の明るさと両親の愛情に包まれて、心根の真っ直ぐな少女へと育つ。 シルティが7歳になっても跡継ぎは誕生せず、政略結婚か養子をとるか悩む伯爵夫妻。 そんな中、養子の適任者が現れる。 齢5歳の男の子の名はセドリック。 朝日に照らされた稲穂を彷彿とさせる黄金に輝く金髪と、夏の晴天のように美しい碧眼を持った男の子。 妖精や天使のように美しく愛らしいセドリックを、ひと目で気に入ったシルティは思った。 我が家に天使が舞い降りた、と――――……。 ※架空の時代、背景、登場人物のフィクション作品です。 ※誹謗中傷はご遠慮下さい。 ※転載、複製、及び自作発言を禁止します。 ※誤字脱字報告は、随時対応致します。 *ムーンライトノベルズさんにも投稿しています。 .
24h.ポイント 42pt
小説 17,369 位 / 185,673件 恋愛 8,310 位 / 56,325件
文字数 72,762 最終更新日 2024.05.27 登録日 2024.05.13
1