マロン株式

マロン株式

7
恋愛 連載中 短編 R18
前世研究員だった私は、今世乙女ゲームの悪役令嬢リディアに転生してしまった。攻略対象者である王太子と出会い不安を抱きながらも愛を育んだ。  学園生活がスタートしてから、彼はゲーム通りにミミルに心惹かれてしまったようだ。  これ以上、別の女性に心惹かれて、愛を誓いあった婚約者より周囲を信じる彼を見るのは辛くなったリディア。  皆の前で己に消滅魔法をかけたように見せかけた事で公爵令嬢リディアは死んだ。  本当は消滅魔法ではなく、逆召喚魔法で、隣国の研究室に召喚されただけなんだけれど。  それから研究員として、隣国で特許を取り、爵位も得た頃  思わぬ形で、捨てた筈の元婚約者と再会する。 ※R指定は保険です ※胸糞注意 ※ご都合主義で不定期更新です。行き当たりばったりです。 ※適当過ぎてタグが曖昧です。 ※設定甘いです。 ※感想書いてくださる方、とても励みになっています!有難うございます🙇‍♀️ 返答をしてしまうとネタバレになってしまいかねないものもあるので、暫く返答を一律にさせていただきます。 でもちゃんと読ませて頂いてます! ご承知おきください🙇‍♀️😊 ※第14回恋愛小説大賞 奨励賞 修正中
24hポイント 24,673pt
小説 118 位 / 100,835件 恋愛 86 位 / 27,562件
文字数 65,901 最終更新日 2021.05.05 登録日 2020.10.17
恋愛 連載中 長編
悪役令嬢サリエルに転生した私の辿る道は ・身分剥奪の上追放 ・死亡 この二択であった筈なのに毎夜見る夢はバッドエンドばかり。 自分を殺す 婚約者 他殺へ追い込む義兄 処刑へ導く王太子 魔法の生贄にする闇の魔道士 そして事態は思わぬ方向へと展開してゆく。 最後に選択するのはー…
24hポイント 1,455pt
小説 1,161 位 / 100,835件 恋愛 633 位 / 27,562件
文字数 289,650 最終更新日 2021.05.03 登録日 2020.04.28
恋愛 連載中 長編
前世でやる気のない銀行員(28歳)をやっていたが、歩きスマホにより前方不注意で事故死した。 歩きスマホの罰なのか、生まれ変わったら死ぬ直前までやっていたスマホアプリの恋愛シミュレーションゲームの悪役令嬢ライザに転生していた。 「歩きスマホの罪は重かった…。」 ふと日付を確認してみると、愕然としている場合では無かった。 恋愛シミュレーションゲームで自分を将来、殺す予定の悪役令息が闇落ちする日。公爵家惨殺事件の日の当日だった。 公爵家の屋敷が燃えさかる中、ライザは何とか悪役令息を救いだしたものの、彼の一家は彼以外全員殺された後だった。 しかもこの後、婚約予定でなかった悪役令息と何故か婚約を結ぶ事に。 この出会いー…吉と出るのか、凶と出るのか。 若干ダークファンタジー 悪役令嬢×悪役令息 金好き×メルヘン王子? 2人の恋の行方はー… ※冒頭で想像つくかも知れませんが胸糞注意です。 ※2章から出てくる金融ネタは説明省いていたりします。あまり真面目に書いてないので変でもファンタジーなのでサラッと流してください。(大した知識は出ません。) ※ご都合主義あります。  ※主人公が不真面目なので真面目な人はお控えください。 ※全体的にシュールです。 ※作者の他作品とは毛色が違います。トキメキも後々あるかもしれませんが、病み要素がチラホラあります。  ※更新は不定期です。未完結でも少ししたら消すかもしれません。 内容的にHOTランキング乗ると思ってませんでした。ありがとうございます! 今作品はあまり構成考えず勢いで書いたものです。音も無く未完結で消したらすみません。
24hポイント 617pt
小説 2,422 位 / 100,835件 恋愛 1,244 位 / 27,562件
文字数 93,564 最終更新日 2021.04.30 登録日 2020.08.25
恋愛 連載中 長編
「おまえは前提条件が悪すぎる。皇妃になる前に、離縁してくれ。」 新婚初夜に皇太子に告げられた言葉。 1度目の人生で聖女を害した罪により皇妃となった妹が処刑された。 2度目の人生は妹の代わりに私が皇妃候補として王宮へ行く事になった。 そんな中での離縁の申し出に喜ぶテリアだったがー…
24hポイント 404pt
小説 3,404 位 / 100,835件 恋愛 1,669 位 / 27,562件
文字数 117,605 最終更新日 2021.03.25 登録日 2020.04.20
恋愛 完結 短編 R18
辺境伯の名はヴォーレン・バウセラム 彼には長年秘めたる想いがあった。 少年の頃、参席した結婚式場で運命の出会いを果たした。 それは、赤子である新郎の横で、穏やかな表情をしている、自分よりも少し年下の幼い女の子。 彼女の名はマーガレット・ウェルナンシア 元公爵令嬢にして、後にこの国の王妃となる者。 だがある日、元々終わっていた筈のこの秘めた初恋は、予想もしない形で終わりを告げた。→どう言う事かは作品で。 少しずつ更新します。 ※ザマァはありません。 別作品のキャラですが、本編とは関係ない話です。初めての方でも大丈夫です。 ご都合主義あります。 辺境伯×元王子妃 王子派の人と清廉潔白辺境伯派の人は※の所は読まない方がお勧めです!
24hポイント 319pt
小説 4,151 位 / 100,835件 恋愛 1,959 位 / 27,562件
文字数 28,291 最終更新日 2020.10.11 登録日 2020.09.05
恋愛 連載中 長編 R18
とある恋愛小説に出てくる王子とヒロインの恋の障害。 年上妃に転生してしまった。 破滅も何もない円満離婚して別の家に嫁げる予定なので物語に忠実であろうと思った。けれど王子の様子がある日ー…? 皆さんのおかげで完結しました。有難うございました! ※本編完結済ですが、ご要望により番外編不定期掲載します。
24hポイント 511pt
小説 2,801 位 / 100,835件 恋愛 1,425 位 / 27,562件
文字数 105,560 最終更新日 2020.09.05 登録日 2020.07.11
ある所に 1つの大陸に5つの国が隣接し合っていた。 その中で 大国であるフロイス皇国は変革の時を迎えていた。 人民による革命が行われたのだ。 民衆が決死の覚悟で、王政廃止の為 数年がかりで王家滅亡の手前まで追い詰め、残りは行方不明の皇太子…否、齢12歳となる皇帝のみ。 皆が王家断絶の為 皇帝を探し求めた。 しかし、そんな最中 隣国レヴァネル国は好機とばかりにフロイス皇国の民を殲滅しようと攻め入って来た。 クーデターで混乱状態にあった民は統制が取れず、あっという間に国は炎に包まれ、蹂躙されてゆくのをただ眺めている事しか出来ない。 そこに、軍を率いて現れたのが 人々が探し求めた若き皇帝、齢12のレイシス・デ・フロイス 第15代皇帝だった。 皇帝は隣国に侵略されかけた局面を瞬く間にひっくり返し、再びフロイスの皇帝の座についた。 もう誰も、文句は出なかった。 荒れた国を立て直しはじめて、その手腕は見事なばかりと、皆が褒めちぎる。 けれども、笑いもしない、必要とあれば容赦のない、冷血を想像させる その姿に、人々は彼を「孤高の皇帝」と呼んだ。 ーー ーーーー 思い付き、 勢いで書いてます。 短編です。 完結しました。
24hポイント 21pt
小説 19,347 位 / 100,835件 ファンタジー 3,566 位 / 27,200件
文字数 18,785 最終更新日 2020.06.29 登録日 2020.06.29
7