愛に溺れる籠の鳥
エタニティ・赤

愛に溺れる籠の鳥

悪辣な義兄の執愛

森原八鹿 / 装丁
もっと啼いてごらん、俺のお姫様――
ストーカーに悩まされ、勤め先が倒産することになり――と、思いがけない災難に見舞われた悠愛。そんなとき三年ぶり再会したのは、美貌の義兄・龍我だった。異常なほど過保護な義兄に現状を知られた悠愛は、なんと彼と同居させられることに。しかも家の門に鍵をかけられ、閉じ込められてしまう。新しい仕事に美味しい食事、綺麗な服を与えられても、決して外には出られない。そんな息の詰まる生活から逃れたい――そう訴える悠愛に、龍我がある提案をしてきた。それは、彼の願いを叶えるたびにポイントが貯まり、満点になると外出できるというもの。悠愛はそれを呑み、義兄の願いを叶えようとするが、頬へのキス、ハグ、そして秘めた場所への愛撫と、次々に要求がエスカレートして……
■単行本 ■定価1,200円 + 税 ■2020年09月30日発行
Amazon.co.jp 楽天ブックス セブンネットショッピング honto

著者の他の書籍

身代わり花嫁は俺様御曹司の抱き枕
ミダラな花嫁修業の始まり

身代わり花嫁は俺様御曹司の抱き枕

皇帝陛下の懐妊指導
情熱的な指導に乱されて

皇帝陛下の懐妊指導

初恋の王女は孕ませられて