人質姫の逆転人生 ~傲慢さを悔いて人生やり直したら王子に求婚されました~

「長らく人質としての役目、ご苦労であった」


冷たい声と淡々とした顔で、私の胸を剣で貫いた王子殿下の……イヴァーノの剣を、私は今でも忘れられない。


15年間、公爵令嬢としての身分を笠に着て、とてもワガママ放題に生きてきた私は、属国の王太子に恋をして、その恋を父に反対されてしまった事に憤慨し、国を飛び出してしまった。

国境付近で、王子殿下から告げられた己の出生の真実に後悔しても、私の命は殿下によって終わりを告げた……。


順番としましては、人質姫→泣き虫姫→転生王女です。勿論、バラバラでも読めます。
表紙絵は灰田様に描いて頂きました!
24hポイント 99pt
小説 10,927 位 / 143,522件 恋愛 5,214 位 / 44,745件