キンメッキ ~金色の感染病~

ある年のある日を境に世界中で大流行した感染病があった。

突然に現れたその病は非常に強力で、医者や専門家たちが解決策を見つける間もなく広まり、世界中の人間達を死に至らしめていった。

加えてその病には年齢の高いものほど発症しやすいという特徴があり、二か月も経たないうちに世界から大人がいなくなってしまう。

そして残された子供たちは――脅威から逃れた後、広くなった地球でそれぞれの生活を始める――


13歳の少年、エイタは同じ地域で生き残った他の子供達と共同生活を送っていた。感染病の脅威が収まった後に大型の公民館で始まった生活の中、エイタはある悩みを抱えて過ごしていた……。

金色の感染病が再び動き出したときにエイタの運命が大きく動き出す。
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 SF 2,548 位 / 2,548件