不良×平凡

不良副総長×平凡です。

不良7割、一般生徒3割の不良校に入学した、平凡な香夜(かぐや)は、不良が多いものの絡まれることもなく、過ごしていた。

そんな中で事件が起こった。ある日の放課後、掃除のためにバケツに水をくんで歩いていると、廊下で何かに躓き、バケツは宙を舞う。

その先には、赤髪と青髪の不良様がた。見事にびしょ濡れになった不良様がたに追い掛け回されているところを、不良の副総長である秋夜(しゅうや)に助けられる。

オメガバースは別で新しく書くことにします。

他サイトにも投稿しています。
※残酷な表現については、不良ものなので念の為つけています。
24hポイント 241pt
小説 5,427 位 / 143,915件 BL 1,124 位 / 16,423件