夏の日の時の段差

暑い夏の日に由紀恵は、亡くなったおばあちゃんの家を片付けに来た。
そこで不思議な時の段差に滑り込み、翻弄されることになる。

過去で出会った青年、未来で再会した友達。
おばあちゃんの思いと自分への気づき。

いくつもの時を超えながら、由紀恵は少しずつ自分の将来と向き合っていく。
由紀恵の未来は、そして恋の行方は?

家族、進路、恋愛を中心にしたちょっと不思議なお話です。

※ 表紙は長岡更紗さんの作品です。
※ この作品は小説家になろうからの転記です。
24hポイント 28pt
小説 7,336 位 / 36,268件 ライト文芸 137 位 / 1,150件