『BLUE RAIN』

刑事シーンを付けねらうサイコパス。護衛に選ばれたのは優男風のロボット、SUP/20032。体を盾にシーンを守る『彼』には『痛覚機能』があった。不快感に抵抗するシーンは、少しずつ『彼』と友情を深めるが、『彼』は別の意図でシーンに接近をはかっていた。その裏にあった巨大な嘘を護るために。BL作品です。
24hポイント 7pt
小説 5,986 位 / 23,249件 BL 952 位 / 1,776件