【完結】理想の人に恋をするとは限らない

ナディアは、婚約者との初顔合わせの際に「容姿が好みじゃない」と明言されてしまう。
ほほぅ、そうですか。
「私も貴方は好みではありません」と言い返すと、この言い争いが逆に良かったのか、変な遠慮が無くなって、政略のパートナーとしては意外と良好な関係となる。
しかし、共に過ごす内に、少しづつ互いを異性として意識し始めた二人。
相手にとって自分が〝理想とは違う〟という事実が重くのしかかって・・・

(彼は私を好きにはならない)

(彼女は僕を好きにはならない)

そう思い込んでいる二人の仲はどう変化するのか。


※最後が男性側の視点で終わる、少し変則的な形式です。
※感想欄はネタバレ有り/無しの振り分けをしておりません。本編未読の方はご注意下さい。
24hポイント 291pt
小説 4,952 位 / 148,509件 恋愛 2,360 位 / 46,810件