背きの秘事

 何処かの閉鎖的な村。そこと繋がる山奥の教会。神職者は村人を導き、村人は神職者を崇める、外部から孤立した空間。
 そこには、夜な夜な山林に現れる化物がいた。化物は人を襲うとされ、一部の神職者はそれを斃す役割を担っていた。そしてその中に、セイはいた。
 歌声も、容姿も美しいシスター。化物を斃す《任務》を担う人間の中でも特出して強い彼は、人々からの信頼は厚かった。
 そんな彼は、《任務》終わりに必ず寂れた礼拝堂に向かう。使われなくなったそこの、微笑みを浮かべたマリア像を見上げて、必ずこう呟くのだ。

「あぁ、つまらない」
24hポイント 0pt
小説 148,209 位 / 148,209件 BL 17,036 位 / 17,036件