大罪の後継者

十歳のとき、リヒト・クルーガーは召喚士だった父を暗殺された。その後、母親に捨てられた彼は、銀髪の魔術師に拾われる。

――「生きたいか? 俺が、おまえをとことん利用し尽くして、最後にはゴミのように捨てるとしても」

それから、五年。
魔術師の弟子となったリヒトは、父が殺された理由を知る。

「父さんの召喚獣を、この帝国の連中が奪った……?」
「あいつを、救ってやってくれ。それができるのは、おまえだけなんだ」

これは、すべてを奪われた少年が、相棒とともに生きるために戦う物語。
24hポイント 14pt
小説 28,995 位 / 143,571件 ファンタジー 4,729 位 / 34,621件