あなたが望んだ、ただそれだけ

いつものように王城に妃教育に行ったカーメリアは王太子が侯爵令嬢と茶会をしているのを目にする。日に日に大きくなる次の教育が始まらない事に対する焦り。
国王夫妻に呼ばれ両親と共に登城すると婚約の解消を言い渡される。
カーメリアの両親はそれまでの所業が腹に据えかねていた事もあり、領地も売り払い夫人の実家のある隣国へ移住を決めた。

王太子イデオットの悪意なき本音はカーメリアの心を粉々に打ち砕いてしまった。

失意から寝込みがちになったカーメリアに追い打ちをかけるように見舞いに来た王太子イデオットとエンヴィー侯爵令嬢は更に悪意のない本音をカーメリアに浴びせた。
公爵はイデオットの態度に激昂し、処刑を覚悟で2人を叩きだしてしまった。

逃げるように移り住んだリアーノ国で静かに静養をしていたが、そこに1人の男性が現れた。




♡注意事項~この話を読む前に~♡
※胸糞展開ありますが、クールダウンお願いします。
 心拍数や血圧の上昇、高血糖、アドレナリンの過剰分泌に責任は追えません。
※外道な作者の妄想で作られたガチなフィクションの上、ご都合主義です。
※架空のお話です。現実世界の話ではありません。イラっとしたら現実に戻ってください。
※リアルで似たようなものが出てくると思いますが気のせいです。
※爵位や言葉使いなど現実世界、他の作者さんの作品とは異なります(似てるモノ、同じものもあります)
※誤字脱字結構多い作者です(ごめんなさい)コメント欄より教えて頂けると非常に助かります。
24hポイント 4,764pt
小説 394 位 / 144,518件 恋愛 188 位 / 45,209件