何度でも俺は、君を愛そう

赤い月が輝く夏の夜、愛しい人は化け物へと姿を変えた。
変わりゆく自分の姿に怯える彼女だったが、俺はこうなることをずっと前から知っていた ––––––

大丈夫、怖がらないで。
俺は何度でも君を、愛してみせるから。


一話完結の恋物語をいくつかアップする予定です。
拙い話ではありますが、感想とお気に入り登録して頂けたら幸いです!
24hポイント 7pt
小説 20,033 位 / 64,264件 恋愛 6,636 位 / 16,146件