谷中の用心棒 萩尾大楽

旧題:それは、欲望という名の海

☆第6回歴史時代小説大賞 特別賞受賞☆

玄界灘。
この黒い潮流は、多くの夢や欲望を呑み込んできた。
人の命でさえも――。

九州は筑前の斯摩藩を出奔し江戸谷中で用心棒を務める萩尾大楽は、家督を譲った弟・主計が藩の機密を盗み出して脱藩したと知らされる。大楽は脱藩の裏に政争の臭いを嗅ぎつけるのだが――。

賄賂、恐喝、強奪、監禁、暴力、拷問、裏切り、殺人――。
開国の足音が聞こえつつある田沼時代の玄界灘を舞台に、禁じられた利を巡って繰り広げられる死闘を描く、アーバンでクールな時代小説!

美しくも糞ったれた、江戸の犯罪世界をご堪能あれ!
24h.ポイント 21pt
0
小説 24,018 位 / 185,012件 歴史・時代 189 位 / 2,220件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。