おしどり夫婦を演じていたら、いつの間にか本当に溺愛されていました。

ラフィティアは夫であるアルフェルグとおしどり夫婦を演じていた。
あくまで割り切った関係である二人は、自分達の評価を上げるためにも、対外的にはいい夫婦として過ごしていたのである。

実際の二人は、仲が悪いという訳ではないが、いい夫婦というものではなかった。
食事も別なくらいだったし、話すことと言えば口裏を合わせる時くらいだ。

しかしともに過ごしていく内に、二人の心境も徐々に変化していっていた。
二人はお互いのことを、少なからず意識していたのである。

そんな二人に、転機が訪れる。
ラフィティアがとある友人と出掛けることになったのだ。

アルフェルグは、その友人とラフィティアが特別な関係にあるのではないかと考えた。
そこから二人の関係は、一気に変わっていくのだった。
24h.ポイント 156pt
545
小説 7,430 位 / 185,733件 恋愛 3,624 位 / 56,335件