野良猫Subは餌付けされてることに気付かない

負けず嫌いで人に頼ることのできない営業二課の課長、中林理(32歳)はある日町中で受けたGlearで、自身がSubだと知る。直後に知り合ったDom、外山伊織のささいなお願い事を聞いていくうちに、Sub性を受け入れられるようになる。伊織と関わることで、取引先や部下との関係が改善され、伊織への好意を自覚する。しかし、部下との話で理が倒れた日、同じ場所に伊織もいたことがわかり……。

すべてを管理し甘やかしたいDom×親に褒められたことのないSubの甘酸っぱいエッチなお話。

※【大型犬Subの躾は射精管理が大事】のスピンオフですが単体でもお楽しみいただけますが両方お読みいただくと美味しいかもしれません
※ムーンライトノベルズにも投稿しています
※2021/12/30 おまけ追加しました
24hポイント 134pt
小説 9,283 位 / 140,073件 BL 1,847 位 / 15,852件