養父の命令で嫌われ生徒会親衛隊長になって全校生徒から嫌われることがタスクになりました

「お前の母親は重病だ。だが……お前が私の言うことを聞き、私の後を継ぐ努力をすると言うならお前の母を助けてやろう」
「何をすればいい」
「なに、簡単だ。その素行の悪さを隠し私の経営する学園に通い学校1の嫌われ者になってこい」
「嫌われ者? それがなんであんたの後を継ぐのに必要なんだよ」
「お前は力の弱いものの立場に立って物事を考えられていない。それを身を持って学んでこい」


「会長様〜素敵ですぅ〜」
「キメェ、近寄るな。ゴミ虫」

きめぇのはオメェだ。と殴りたくなる右手をなんとか抑えてぶりっこ笑顔を作った。

入学式も終わり俺はいつもの日課と化した生徒会訪問中だ。
顔が激しく整っている会長とやらは養父の言った通り親衛隊隊長である俺を嫌っている。

ちなみに生徒会役員全員も全員もれなく俺のことを嫌っていて、ゴミ虫と言うのは俺のあだ名だ。



24hポイント 1,152pt
小説 1,359 位 / 144,648件 BL 269 位 / 16,492件