最弱で駆ける道

テンプレのようにトラックに轢かれた少年、空城 陽。
彼は、神からこう告げられた。

「私はあなたが嫌いなので殺しました。異世界で苦しんでください」

送られた先は、魑魅魍魎が跋扈する異世界。しかし、彼に与えられた能力は『言語理解(最上)』という、異世界転生では極々ありふれたものだった。
訪れる絶望、そして仲間。異世界に憧れた少年が異世界へ転移し、様々な苦難に合う。

追い詰められた状況、その先に掴んだのは、過去に滅ぼされた龍神の魔導書─────?

「俺はこの力で、神を殺す」

最弱にして最強の言語理解を持つ少年の物語───

※小説家になろう様でも連載しています。
24hポイント 0pt
小説 74,258 位 / 74,258件 ファンタジー 21,737 位 / 21,737件