永遠の別れと流氷(仮)

「余命一年」――――父に告げられた余命宣告。
病名は『成人T細胞白血病』

互いに干渉し合わずに生きてきた家族。
自由人の父、執着が強い母、我儘な姉、家族嫌いな自分――――。

父の病気を切っ掛けに、疎遠だった家族が否応なしに関わり合っていく。
一年という限られた時間の中で家族の確執は、何が変わるのか?
凍り付いていた家族の、それぞれの思いが交錯していく。
24hポイント 0pt
小説 60,769 位 / 60,769件 ライト文芸 2,415 位 / 2,415件