婚約していたことを忘れていたので破棄するなんて私にとっても都合良いですわ

 騎士団長の一人娘のカリンは伯爵家の六男ハインツと婚約したのは12歳の事だった。

その後、カリンは女性騎士として研鑽してきたが、周囲から伯爵令息の婚約者として扱われてきた。一方のハインツは遠くの帝国に留学してしまい音沙汰なかった。カリンはそれでも戻ってくるのを待っていたがしかし・・・

 「婚約していたことを忘れていたんだ、ごめんね。この際だから・・・」

 それに続く言葉にカリンは婚約者の縛りが解放された!

 それにしても婚約したのを忘れていたなんて・・・カリンは呆れたが都合は良かった。だって、誰かの婚約者でなければ好きな人と付き合えるから! カリンはときめいていた!
24hポイント 149pt
小説 6,626 位 / 105,632件 恋愛 3,126 位 / 29,831件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

死にたがりの悪役令嬢はバッドエンドを突き進む。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1030pt お気に入り:53

皇太子夫妻の歪んだ結婚 

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:676pt お気に入り:65

鑑定能力で恩を返す

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:745pt お気に入り:171

最後のプレゼント

恋愛 / 完結 24h.ポイント:56pt お気に入り:21

蛮族の王子様 ~指先王子、女族長に婿入りする~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:476pt お気に入り:31

許婚と親友は両片思いだったので2人の仲を取り持つことにしました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:219775pt お気に入り:3167

婚約者の恋人

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:35521pt お気に入り:6657