科学チートで江戸大改革! 俺は田沼意次のブレーンで現代と江戸を行ったり来たり

■■アルファポリス 第3回歴史・時代小説大賞 読者賞受賞■■

天明六年(1786年)五月一五日――
失脚の瀬戸際にあった田沼意次が祈祷を行った。
その願いが「大元帥明王」に届く。
結果、21世紀の現代に住む俺は江戸時代に召喚された。
俺は、江戸時代と現代を自由に行き来できるスキルをもらった。

その力で田沼意次の政治を助けるのが俺の役目となった。
しかも、それで得た報酬は俺のモノだ。

21世紀の科学で俺は江戸時代を変える。
いや近代の歴史を変えるのである。

2017/9/19
プロ編集者の評価を自分なりに消化して、主人公の説得力強化を狙いました。
時代選定が「地味」は、これからの展開でカバーするとしてですね。
冒頭で主人公が選ばれるのが唐突なので、その辺りつながるような話を0話プロローグで追加しました。
失敗の場合、消して元に戻します。
24hポイント 42pt
小説 15,898 位 / 143,861件 ファンタジー 2,741 位 / 34,650件