翼をもった旭日の魔女 ~ソロモンの空に舞う~

架空の太平洋戦争。
1944年のソロモンが舞台。

架空機・双発攻撃機「爆星」と「烈風22型」。
唸る2250馬力の「魁」エンジン。

アメリカ軍に「魔女」と恐れらる女性搭乗員たちがその最新鋭の機体を操る。
彼女たちは特異な空間認識能力、演算能力を持つ存在だった。
さらに、その歌声は、電子兵装を無力化させる。

最新鋭攻撃機「爆星」が搭載する1500キロロケット爆弾「ロ式大和弾」がアメリカ正規空母を叩き潰す。

魔女たちの独立飛行中隊が、ソロモンの空を駆け抜ける。
驕敵殲滅のために――

表紙画像は再利用可能画像を使用しております。
24hポイント 21pt
小説 13,467 位 / 67,768件 歴史・時代 119 位 / 772件