愛玩少女

 少女が一人、ベットの上で横なっている。
 失っていた意識を取り戻し、重い瞼を開けた先に見えたのは、何もかも真っ白で家具もほとんど置かれていない真四角な部屋の中だった。
 何故自分がそんな部屋で寝ているのか。——それ以前に、自分の名前も、今までの出来事も、何もかもが思い出せない。『何故?どうして?』と不安を感じそうになっていたその時、不意に聞こえた男性の声。
 声に驚き、振り返り、少女は彼の容姿を見て再度吃驚し、今度は言葉をも失った。鏡でも見ているかのように、自分とよく似た容姿の存在がそこには居たからだ。

「…… 貴方は誰?」


 ○監禁もの。その時点でヤンデレ系に分類されるお話、かもしれません。
 ○ひたすらに、ただひたすらベッタベタに甘やかされるだけのお話。起承転結?何それ。
 ○『追憶』は重た目のお話となっています。ほとんど甘くないです。

 くない瓜様がTwitterにアップされていたイラストと、互いのメッセージのやり取りからネタを頂き、短いお話を書かせてもらいました(*ノωノ)。
 あくまでアップされていたイラスト(どんな少女か気になった方は、Twitterのくない瓜様のアイコンを見て頂くといいかも)の少女のパラレルワールドなので、これが彼女の物語では無い前提でお読み下さい。
24hポイント 21pt
小説 20,175 位 / 121,420件 恋愛 8,479 位 / 35,864件