アイテムボックスで異世界蹂躙~ただし、それ以外のチートはない~

 気付いたら異世界だった。そして俺はアイテムボックスが使えることに気付き、アイテムボックスが何ができて何ができないのかを研究していたら腹が減ってしまった。
 何故アイテムボックスが使えるのかわからない。何故異世界に来て最初にした俺の行動がアイテムボックスの研究だったのかわからない。

第1章

 『ただ、腹が減ってしまったため、食い物を探すために戦争をアイテムボックスで蹂躙する。』

え?話が飛んだって?本編を10話まで読めばわかります。


第2章

 15話から開始
 この章からギャグ・コメディーよりに

処女作です。よろしくね。
24hポイント 28pt
小説 12,396 位 / 64,035件 ファンタジー 2,742 位 / 20,041件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!