ままならぬ太陽に月はじれったい ―冷徹眼鏡公爵とツンデレ伯爵令嬢の不器用な結婚―

いつも眉間に皺を寄せ難しい顔をしているため『不機嫌な蒼月』と陰で呼ばれているブルーム・セレネイド公爵がある日恋をした。
相手は社交界デビュー以後縁談希望が後を絶たないという伯爵令嬢ソルフィオーラ・フランベルグ。
恋に落ちたあの日から二年が過ぎてもなかなか踏み出そうとせず、じれったくなった周りのお節介もあり、ようやくソルフィオーラとの結婚が決まった。しかも快く受けてくれたという。彼女もまたブルームに恋をしていたらしい。
あの太陽のような笑顔に会える!しかも自分の妻になってくれる!
浮かれるブルームだが、結婚式当日ようやく会えたソルフィオーラの表情はなんだか固くて……?

互いに初恋同士、不器用ながらに奮闘する冷徹眼鏡な公爵と、好きな人の前ではツンデレ化してしまう令嬢のお話。
※エブリスタ、ムーンライトノベルズにも掲載中です。
※ヒストリカル風?なものに初チャレンジするので矛盾等あるかと思います。お手柔らかに……
24hポイント 28pt
小説 14,599 位 / 99,372件 恋愛 6,388 位 / 27,646件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

恋によく効く薬はない

恋愛 / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:409

乳と蜜の流れるところ

現代文学 / 完結 24h.ポイント:56pt お気に入り:41

忘れられた妻

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:280522pt お気に入り:4320