今までの人生の中で、1日だけ戻れるとしたら

五年前に妻を亡くした川村浩一郎は、
自宅マンションに一人、余生を送っていた。

だがある日、気分が悪くなったので、
布団で横になって、目を瞑っていると、
突然目の前に、黒のテンガロンハットに、
黒のコート、スーツ姿の
怪しげな二人の男が立っていた。

その男たちは古代ローマ時代の人物で、
今は天使をしていると言う。

そして、お前の命はあと二十四時間だ、
と言った。

お前は、天使が無作為に選んだ人物として、
選ばれた男だ。
こうして選ばれた暁には、
お前は死ぬ前に、
今までの人生の中で、
一日だけ戻れるようにしてやる。

だから、その貴重な一日を選べ。
と告げられた。

時間が押し迫る中、
浩一郎の出した人生の選択。
その結論の末に待っていたもの。

それは最高のプレゼントであった。
24hポイント 0pt
小説 87,342 位 / 87,342件 大衆娯楽 2,685 位 / 2,685件