天使の声と魔女の呪い

 長年王家を支えてきたホワイトローズ公爵家の三男、リリー=ホワイトローズは社交界で“氷のプリンセス”と呼ばれており、悪役令息的存在とされていた。それは誰が相手でも口を開かず冷たい視線を向けるだけで、側にはいつも二人の兄が護るように寄り添っていることから付けられた名だった。
 ある日、ホワイトローズ家とライバル関係にあるブロッサム家の令嬢、フラウリーゼ=ブロッサムに心寄せる青年、アランがリリーに対し苛立ちながら学園内を歩いていると、偶然リリーが喋る場に遭遇してしまう。

『も、もぉやら・・・・・・』
『っ!!?』


 果たして、リリーが隠していた彼の秘密とは――!?


24hポイント 191pt
小説 6,438 位 / 144,017件 BL 1,275 位 / 16,438件