眩暈のころ

 中学三年生のとき、同じクラスになった近海は、奇妙に大人びていて、印象的な存在感を漂わせる男子だった。
 私は、彼ばかり見つめていたが、恋をしているとは絶対に認めなかった。
 そんな日々の、記憶と記録。
24h.ポイント 149pt
737
小説 7,352 位 / 185,828件 現代文学 100 位 / 7,794件