『タルカス・サイレン共通重心超巨大連惑星系世界冒険記』

地球は還流磁場磁束帯(D層)が地殻付近にまで浮上し、全地球的に地殻変動が活発化し、全地球的に火山活動も活発化し、最終的に地球はマグマオーシャンに満たされ、焔の球となった。

人類はそうなる以前に太陽系内惑星領域から外惑星領域に掛けて拡散して居住していた。

宇宙での人口環境の中での生活に疲れた人類は、地球型の第二の故郷となる惑星を求め始めた。

超光速航法を開発して獲得した人類は外宇宙に進出を始める。

やがて奇妙な連星の惑星系の宙域に到達した人類は、冒険の渦中に入る。
24hポイント 0pt
小説 120,812 位 / 120,812件 SF 3,494 位 / 3,494件