封印されし黒篭手に選ばれた少年【増量版】

 普通とは違った環境で育った元盗賊の少年、ヴェル。
 今は村長宅の家で自称召使として暮らしていた。
 同じ歳の少女フローレンスお嬢様、さらには、その両親からも家族のような扱いを受けていた。それでもヴェルは一線を引いている。
 その村で十年に一度、祭具をだして開催するという村の祭。

 その前夜。
 彼の運命は二度目の転機に訪れた。
 祭具である黒篭手、それは王国を守る聖騎士団がつけている、身体能力を爆発的に上げる白銀の篭手と似ていた。
 一夜にして村が滅び、唯一生き残ったヴェル。
 偶然居合わせた聖騎士マリエルに助けられ、女性ばかりの聖騎士部隊とともに重要参考人として王都へと行く事に。
 マリエルに、かつての思い人を重ねつつ共に行動をする。
 散っていく命をみながら、ヴェルに三度目の転機が訪れようとしていた。
 
『ネット小説大賞7』 一次突破した作品を修復。
24hポイント 14pt
小説 16,745 位 / 84,331件 ファンタジー 3,582 位 / 24,491件