丸いおしりと背番号1と赤いサラサラ髪

高校一年生の小泉辰弥は、元プロ野球選手の亡き父が使い込んだ三億円を返す代わりに千手グループの奴隷になる。
学校を辞めさせられて一年間、理由も告げられずに200キロの剛速球捕球を命じられた辰弥は、ある日いきなり千手の科学医にサハラブドーム――真っ赤に塗られたドーム球場に連行される。
そこは”ドリ-ム・チャレンジ”という野球まがいのゲームが催されるところで、ピッチャーは千手製のロボットアームを左腕に埋め込まれた少女だった。

illustration 偽尾白様
24hポイント 0pt
小説 23,200 位 / 23,200件 ライト文芸 303 位 / 303件