先視姫は密かに憂う

 硝国の王女・楊喜(ようき)は予知の力を持ち、巫女として暮らしてきた。しかし、その力にかげりがあらわれ、隣国・粤との戦で武功を立てた名家の当主・昂典(こうてん)の元へ降嫁されることとなる。
 その昂典は楊喜の父に滅ぼされた昂家の生き残りであり、一族再興を目標としてきた。
 楊喜はある理由から、彼に本心を打ち明けられず――。

 ちょっとだけすれ違っている二人の関係がメインです。

 小説家になろうにも「落つ花、流るる川を想ふ」というタイトルで投稿。
24hポイント 0pt
小説 86,867 位 / 86,867件 恋愛 22,919 位 / 22,919件