【完結】聖女の息子は加護という名の呪いを撃ちまくる


⭐︎地雷のある方には向きません。ブラウザバックは自己判断でお願いします。

 ◆本編完結しました。

「 処理とか意味わかりません! とさけんで母は娼婦になりました。」の息子成長後のお話です。

◆「これまでのお話」
高名な魔法士の一族である父が、妻子のいる本宅で元婚約者の幼馴染と性処理に励んだところ妻子に去られて、娼婦になった妻と心中しかけたら妻が聖女に覚醒して無かったことになったよ。



▼「それからどうしたな息子の話(イマココ)」
そんな難儀な夫婦の元に生まれた姉と弟。
弟のフェンガリには、仲良しの従兄弟がいたのですが、父親へのトラウマから疎遠になってしまっていました。

そんな二人の思わぬ再会は、かなり想定外な従兄弟のM字開脚からでした…… !

最終的にはラブラブに持っていきたいけど迷走中。作者も主人公もポンコツなりにがんばってます。

↑なんとかハピエン溺愛(初級)にたどり着きました。最後まで読んでいただき有難うございました!

⭐︎作品の傾向上性処理に対して揶揄的な表現になってますが、主人公が拗らせる設定ですので悪しからずスルーしてくださると幸いです。どうしても駄目そうな人はブラウザバックしてね! 見ちゃった記憶は消して上げられないから自衛ヨロです。

24hポイント 7pt
小説 35,256 位 / 148,953件 BL 7,623 位 / 17,180件