不吉と罵られた私が聖女だと学園で分かりましたが元の世界に帰りたい

1000年前にデニッシュ家では天使達と契約をかわしました。
怪我を治療する魔法『カイフ』という特別な魔法が使える僧侶(プリースト)が産まれてくるというもので、その代わり赤い目をした呪われた子も生まれるように成るという物でした。

私はこの赤い目で生まれてきて、何度も殺されそうになりながら生きて来た
やがて産まれた妹は自分とは違い青い瞳をしていた
我が儘な妹でも、父親は溺愛して沢山の服を買い与えたりした
私には何も買ってくれない、それどころか邪魔だと服を踏みつけられた事もある

そんな中で妹に強請られ、火の魔法を使えば『お姉さまが私を殺そうとした』として川へ投げ捨てられてしまった。


私は記憶が戻った、この世界が乙女ゲーム『魔法学校と8人のプリンス』だと記憶が蘇る


「実際にプレイした事ないのに―――!?」
24hポイント 420pt
小説 3,716 位 / 144,392件 恋愛 1,773 位 / 45,137件