私を棄てて選んだその妹ですが、継母の私生児なので持参金ないんです。今更ぐだぐだ言われても、私、他人なので。

「やったわ! 私がお姉様に勝てるなんて奇跡よ!!」

妹のパンジーに悪気はない。この子は継母の連れ子。父親が誰かはわからない。

でも、父はそれでいいと思っていた。
母は早くに病死してしまったし、今ここに愛があれば、パンジーの出自は問わないと。

同等の教育、平等の愛。私たちは、血は繋がらずとも、まあ悪くない姉妹だった。
この日までは。

「すまないね、ラモーナ。僕はパンジーを愛してしまったんだ」

婚約者ジェフリーに棄てられた。
父はパンジーの結婚を許した。但し、心を凍らせて。

「どういう事だい!? なぜ持参金が出ないんだよ!!」
「その子はお父様の実子ではないと、あなたも承知の上でしょう?」
「なんて無礼なんだ! 君たち親子は破滅だ!!」

2ヶ月後、私は王立図書館でひとりの男性と出会った。
王様より科学の研究を任された侯爵令息シオドリック・ダッシュウッド博士。

「ラモーナ・スコールズ。私の妻になってほしい」

運命の恋だった。


=================================
(他エブリスタ様に投稿・エブリスタ様にて佳作受賞作品)
24hポイント 411pt
小説 3,615 位 / 128,360件 恋愛 1,903 位 / 38,224件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

どうも、貴方が捨てた血濡れの聖女です。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:191pt お気に入り:3763

婚約破棄から始まる、男装令嬢立ち直り生活

恋愛 / 完結 24h.ポイント:184pt お気に入り:188

婚約者を想うのをやめました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:18894pt お気に入り:10984