八雲の帳簿

 兵器「自動人形」
設計理念と言う作り物の本能に抗えぬ哀れな生き物。
ある者は災いと成り、ある者は恐怖の対象となった。
またある者は剣や盾と成り、ある者は秩序となった。
その中でも珍しい自動人形がいた。その者は愛を求めたのだ。
それら全ては名を知られることを恐れ、それら全ての兵器が記される書物「兵器全書」を忌み嫌った。



 西暦2000年。一体の自動人形が一人の少女を守る。
兵器全書の所持権を不運にも引き継いでしまった少女の名は、八雲恵美。
人形達は少女を恐れ、書物の名を「八雲の帳簿」と呼び変え、彼女と書物を狙うのであった。
400年を生きる無敵の自動人形レティ。彼女は親友との約束を守るため、恵美の剣となり書物を狙う多くの敵を斬る。

これは人に愛されたかった人形と不運な少女の物語である。

24hポイント 0pt
小説 100,304 位 / 100,304件 ファンタジー 26,952 位 / 26,952件