護国神社の隣にある本屋はあやかし書店

【第二回 ほっこり・じんわり大賞 参加作品】

 真っ白なお城の隣にある護国神社と、小さな商店街を繋ぐ裏道から少し外れた場所に、一軒の小さな本屋があった。

 今時珍しい木造の建物で、古本屋をちょっと大きくしたような、こじんまりとした本屋だ。

 売り上げよりも、趣味で開けているような、そんな感じの本屋。

 本屋の名前は【神楽書店】

 その本屋には、何故か昔から色んな種類の本が集まってくる。普通の小説から、曰く付きの本まで。色々だ。

 さぁ、今日も一冊の本が持ち込まれた。

 十九歳になったばかりの神谷裕樹が、見えない相棒と居候している付喪神と共に、本に秘められた様々な想いに触れながら成長し、悪戦苦闘しながらも、頑張って本屋を切り盛りしていく物語。
24hポイント 0pt
小説 60,871 位 / 60,871件 キャラ文芸 1,641 位 / 1,641件