奴隷市場に、私を婚約破棄した王太子が売っていたので買ってきました。

銀貨五枚という値段で売られていた若い男は、八年前に私との婚約を破棄し、国を滅ぼしたと言われる王太子だった。
美貌の王子だった彼は、檻の中、以前の美しい姿は見る影もなく、やせ衰え、傷ついていた。
私は彼を買って、宿に連れて帰ることにした。

元侯爵令嬢は元王太子を愛玩物扱いし、対して元王太子は元侯爵令嬢を恋焦がれるようになります。
物語は元侯爵令嬢エイヴの視点で進みますが、第一章で「奴隷の思い」とタイトルがかかるものは、元王太子視点です。第二章で「騎士の思い」とタイトルがかかるものは、元侯爵家騎士視点です。

復讐物ではありません(ザマァは無し)。じっとりねっとりとした暗めの話です。スカッとした恋愛物ではありませんのでご注意ください。

※奴隷制度のある世界の物語です。
24hポイント 92pt
小説 11,660 位 / 148,960件 恋愛 5,595 位 / 46,971件