ファンタジー カメラ小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ カメラ×
3
大人気俳優「雨澤恭時(あまざわきょうじ)」がある日、 誰もいないところで事故で死んで幽霊となり、 たまたま霊感を持っていた親友の俳優の「阪部盾哉(さかべじゅんや)」に 「死んで幽霊になった」と言い、 雨澤と阪部がドラマスタッフ達のところへ行って、 阪部が雨澤の代わりにスタッフ達に事情を説明し、 その時、カメラマンが触っていたカメラに雨澤の姿と声が入り、 「ファンを悲しませたくない」という本人の意向のもと、 「雨澤が死んだ」という事実を世間に公にせずに幽霊になった後、 カメラやマイク、霊感を持つ阪部を頼りに俳優業を続けていくが、 「〝雨澤が死んだ〟という事実を世間に隠しきれるか?」というストーリーです。 ちなみに、 「死んでも俳優」というのは、 「主人公がどんな事があっても絶対に意地でも俳優を続けたい」という意味も込めてあり、 サブタイトルに「魂」が入っているのは、主人公が幽霊だからです。
24hポイント 0pt
小説 60,682 位 / 60,682件 ファンタジー 19,436 位 / 19,436件
文字数 3,236 最終更新日 2019.03.07 登録日 2019.03.07
2
ファンタジー 連載中 ショートショート R15
 私は、相棒である喋る二足歩行カメラと一緒に、いろんな生物の写真を撮りに行きます。  何度も死にそうな目に遭いますが、なんとか今日も生きています。
24hポイント 0pt
小説 60,682 位 / 60,682件 ファンタジー 19,436 位 / 19,436件
文字数 17,805 最終更新日 2019.07.01 登録日 2019.05.27
3
ファンタジー 連載中 ショートショート
 僕が幼少の頃に亡くした父の形見である一眼レフのデジタルカメラを肌身離さず身に付けていただけだった。  それだけで何が面白いのか、僕はイジメを受けていた。そんな事で楽しめる知能の低い人間がキライだった。 そんな人間の皮を被った虫ケラはこの世から居なくなればいいとさえ思っていた。  僕は父の形見のカメラを使って、そんな人間をこの世から消してやろうと考えた。単純にこの世から消す事は犯罪になってしまうので、せめて法に則りこの世界の秩序から消えてもらう事にした。  そんな生活も長くは続かず、僕を煙たがる人間が殺し屋を雇った。そして、今まさに殺し屋から銃弾を浴びた直後の僕は虫の息だった。
24hポイント 0pt
小説 60,682 位 / 60,682件 ファンタジー 19,436 位 / 19,436件
文字数 3,122 最終更新日 2019.09.15 登録日 2019.08.31
3