現代文学 警察小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 警察×
4
~破綻しそうな結婚生活の中で、昔の女がいつまでもトゲのように心に残る~ 《あらすじ》 柳田慎司は警察官として出世の階段を上っている中、恋人だった大石薫が実はヤクザの娘であることがわかり、薫と別れた。そんな二人が十数年ぶりに再会して織りなす心模様。 表紙はpicrewおりべ式男子メーカー2で作りました。 本文中のイラストはpicrew 夢で逢ったヒトメーカー、街の女の子メーカーで作りました。 *** 昔々、某女優さんをイメージして再会シーンを書いたら満足して、そのまま放置していた物語です。 当初はドロドロな話を考えてましたが、某サイトのコンテストテーマに合わせたので、さわやかにまとめられたような(^◇^;) 警察内部のこともヤクザのことも何もわからないのに書いてしまう無謀…多分、ツッコミどころ満載なんだろうなあと思いながら投稿しちゃいます(^▽^;)
24hポイント 49pt
小説 16,348 位 / 140,085件 現代文学 118 位 / 6,014件
文字数 9,979 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.27
本部警ら隊を志し高校卒業後、山口県警の警察官となった山田健人。 交番勤務を経て、署のパト乗りとなって数年、彼はやって来た異動期に胸を膨らませていた。 同僚、そして本人までもが念願の本部警ら隊になれると信じていた。 が、彼が勤務を命ぜられた部門は、「中国四国管区警察局 広域調整部 直轄広域警ら隊」だった。  思わぬ異動先に肩を落としながら迎えた春。彼の勤務地は「東部方面隊」だった。山口から遠く離れた広島と岡山の県境、福山東警察署の外れにある二階建てのプレハブ小屋が彼の新たな勤務地となる。  しかしそこは広域警ら隊の中でも1番忙しい部門であり、加えて中四国管区屈指の技量を誇る警官らで構成された部隊であった。  山田はそこで警察官の何たるかを知ることになる。 *広域警ら隊はフィクションです。本作に登場している人物、警察以外の組織、事件事故などいずれもフィクションです。仮に酷似しているもの等があったとしてもそれは偶然であり、それらを示唆するものではありません。          製作者 パンチマン
24hポイント 0pt
小説 140,085 位 / 140,085件 現代文学 6,014 位 / 6,014件
文字数 1,835 最終更新日 2022.04.24 登録日 2022.04.24
高校を卒業してまもない南 佳子(みなみ かこ)は一家3人でいたって平凡な暮らしを今までしていたはずだった。そんな平凡な日々は佳子が警察に捕まったことによって崩れ去った。そして、逮捕というヒビが入った家族はどんどん崩れていく。そして、佳子の逮捕にはある事件が関わっていた。 法律関係は確実であると言い切れないので、間違っていたらすみません。 「カクヨム」にて同作品公開中
24hポイント 0pt
小説 140,085 位 / 140,085件 現代文学 6,014 位 / 6,014件
文字数 11,799 最終更新日 2021.10.12 登録日 2021.10.12
日本生まれ日本育ちで日本国籍の黒人ハーフ 本田省吾は念願叶って北海道警察に採用され日本初の黒人警察官となる。 交番勤務を経て憧れであった白バイ隊員となり職務に邁進する本田。 そんなある日、街頭での交通違反の取り締まり中に暴走車を目撃し、追跡をするが、暴走車は死亡事故を起こし犯人も死亡してしまう。 それまで本田を日本初の黒人警察官としてチヤホヤしていたマスメディアは一斉に手のひらを返し本田をバッシングする。 傷心の本田に追い打ちを掛けるように、異動の辞令が出され 本田は富良野市郊外にある田舎の駐在所で地域警察官、いわゆる『交番のお巡りさん』として再スタートを切る事となった。 表紙イラスト:sin.@hirose_koyoi https://twitter.com/hirose_koyoi
24hポイント 0pt
小説 140,085 位 / 140,085件 現代文学 6,014 位 / 6,014件
文字数 68,902 最終更新日 2021.07.29 登録日 2021.07.22
4