歴史・時代 料理小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 料理×
5
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 お先手組同心黒鉄家の長女・美幸は、許婚の大番組同心柴田家の真司郎から婚約解消を言われてしまった。理由を尋ねる美幸に真司郎は、札差への借財がかさみ同心株を売ることになった打ち明けてくれた。しかも長屋の大家株をもらう代わりに、金主の娘を嫁にもらわなければいけないというのだ。美幸は仕方なく真司郎を諦め自活の道を探すのだった。
24hポイント 21pt
小説 19,060 位 / 121,776件 歴史・時代 139 位 / 1,411件
文字数 15,513 最終更新日 2020.06.03 登録日 2020.04.22
世は、天保の改革の真っ盛りで、巷は不景気の話が絶えないが、料理茶屋「鶴久屋」は、お上のおみねを筆頭に、今日も笑顔が絶えない。 そんな店に足しげく通う若侍、仕事もなく、生きがいもなく、ただお酒を飲む日々……、そんな彼が不思議な話をしだして……………… 小さな料理茶屋で起こった、ちょっと不思議な、悲しくも、温かい人情物語………………
24hポイント 0pt
小説 121,776 位 / 121,776件 歴史・時代 1,411 位 / 1,411件
文字数 26,958 最終更新日 2021.05.29 登録日 2021.05.29
「あれこそ、料理の真髄ですぜ」 舌の肥えた粋人に評判の料亭、桜屋。 浅草は言問橋のたもとに店を構えるこの料亭 江戸に知らぬ者なしと讃えられる名店である。 そんな名店で椀方を務める俊英、孝介。 異例の出世が物語る確かな腕の持ち主であるが いま、苦悩の縁であがいていた。 さる商家の隠居に供じる一杯の椀 その出来次第で、彼の未来は決まる。
24hポイント 0pt
小説 121,776 位 / 121,776件 歴史・時代 1,411 位 / 1,411件
文字数 12,794 最終更新日 2021.05.01 登録日 2021.05.01
幸せとちょっぴりの切なさを感じるお品書き帖です―― 野州夜須藩の城下・蔵前町に、昼は小売り酒屋、夜は居酒屋を営む鬼八という店がある。父娘二人で切り盛りするその店に、六蔵という料理人が現れ――。 アルファポリス歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」、同最終候補「天暗の星」ともリンクする、「夜須藩もの」人情ストーリー。
24hポイント 0pt
小説 121,776 位 / 121,776件 歴史・時代 1,411 位 / 1,411件
文字数 46,063 最終更新日 2019.08.07 登録日 2019.07.28
瀬戸内に面した須磨の浜近く。夏生が営む煮売り茶屋がある。幼いながら押しかけ婚約者のゆきは、一生懸命に夏生を手伝っている。料理と経営は大人の夏生には余裕でも、少女のゆきには難しい。そんな背伸びをする愛らしい婚約者を見守る夏生と、一途なゆきのきらきらとした海辺の日々のお話です。
24hポイント 0pt
小説 121,776 位 / 121,776件 歴史・時代 1,411 位 / 1,411件
文字数 21,022 最終更新日 2021.06.12 登録日 2021.05.30
5