キャラ文芸 戦国時代小説一覧

カテゴリ キャラ文芸
タグ 戦国時代×
4
時は戦国。英雄たちが国盗り合戦を繰り広げる戦乱の世。そんな中に、奇妙な若者が彗星の如く現れた――。名だたる英雄を相手に各国を引っ掻き回すその男の名前は柑橘蜜柑! ※以前、電子書籍になっていたものを加筆修正しております。(現在配信終了)
24hポイント 0pt
小説 105,437 位 / 105,437件 キャラ文芸 2,621 位 / 2,621件
文字数 38,642 最終更新日 2020.01.29 登録日 2017.11.02
九州のある大名が、関東のある猛将が、東北の知将が声を揃えて言う。 ある時眠りにつくと光があり、その光に抗うすべもなく光に吸い込まれる。抜けた先にはどんな味をも自由に操る正に食の神というに相応しい少女がいると。 それは武士の憧れだった。大名と言っても玄米と一汁一菜の庶民よりかは豪華なもののやはり面白さに今ひとつ欠ける食事。 武士たちは少女の作る食事を求めてその少女元に行くことを心から望んだ。 その少女がいる料亭の名は、戦国レストラン『もののふ亭』。
24hポイント 0pt
小説 105,437 位 / 105,437件 キャラ文芸 2,621 位 / 2,621件
文字数 11,274 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.21
世に生まれた者全てが、魔力を心に秘めている。  しかしほとんどの者が、その魔力を引き出す術すら知らずに、朽ち果てるー。  これは、里中島の神社の石碑に刻まれた文字で、その里中島には、鬼が封印されたと伝えられる石が、ひっそりと置かれているが、ある夏休み、島の子供達が、神社の前の広場で、遊んでいると、昨日まで有った筈の場合には、石は無く、そこには、ブラックホームの様な穴を発見し、興味本意で、遊んでいると、子供達は、恐ろしい体験する事となる。  そう、この体験こそが本当の物語の始まりで、この恐ろい体験は、戦国時代の忍びの者が用意周到な準備した、罠だったのである。  この時代は、徳川家康軍が、天下統一を目前と迫る戦国時代で、忍びの者を中心に、術や魔力を、自在に操る事が出来る者達が、わずかだが存在していた。  しかしながら、彼ら術や魔力を持つ者の事は、どの文献や歴史的資料にも存在して居ない、つまり彼らは、表に出る事無く、裏の世界で、歴史を設計していた者達の物語である。  ある者は、何に取り憑かれたかの様に、自分の才能で、何処までやれるか試し、又ある者は、種族を超えて、愛の為に生き、又ある者は、数奇な運命に翻弄され、歴史の塵に埋もれながらも、踠き苦しみ一点の光に活路はある、そう信じ前に踏み出す。      
24hポイント 0pt
小説 105,437 位 / 105,437件 キャラ文芸 2,621 位 / 2,621件
文字数 74,064 最終更新日 2020.03.19 登録日 2019.12.26
戦国時代。結城怜明は妖怪退治をしながら全国を回っていた。 そんな時、彼のことを理を操る陰陽師として戦国武将たちが狙い始め―― 『妖し輪廻』から450年前。最悪の鬼・影山との戦い!!
24hポイント 0pt
小説 105,437 位 / 105,437件 キャラ文芸 2,621 位 / 2,621件
文字数 84,236 最終更新日 2019.08.09 登録日 2019.06.29
4