BL バーテンダー小説一覧

カテゴリ BL
タグ バーテンダー×
3
1
BL 連載中 短編 R18
現代のようでどこか違う世界のとある街で、バーを営むバーテンダーと。 この街に終幕をもたらす男たちの、ダークファンタジー風BL CP 俺様系エセ紳士風常連客×穏やか系バーテンダー あらすじ + + + 落ち着いた音楽が流れるレコードと、ダークブラウンで統一したバーカウンター。 棚には姉さんが揃えた、色とりどりのリキュールと、ワインとウィスキー。  バーテンダーとしては、まだまだ未熟な俺にとって、身に余るほどのものたちばかりで。 店に来るたび、もっと早く、一人前のバーテンダーにならなくてはと思ってしまう。  何故なら、今の俺はバーテンダーとしての実力よりも、この見た目の方が人気で、 俺としては、不甲斐ないことに尽きないのだが…。 どうやら、思わず触りたくなる砂茶色のボブヘアーと愛くるしいこげ茶の瞳が、 堪らなく魅力的な可愛いバーテンダーとして、何故か人気が出てしまったので。  …ほんと、どうしてこうなってしまったのかと、小一時間程考えたくなるが、 どうせ考えても、埒が開かないことなので。   自分の未熟さ故に、こうなってしまったんだなと思いながら。 一つ、ため息をつくと。 チリーンと、店の扉が開く音が聞こえてきて…。
24hポイント 7pt
小説 24,319 位 / 96,508件 BL 4,535 位 / 9,501件
文字数 28,173 最終更新日 2020.01.09 登録日 2019.07.20
2
BL 完結 長編 R18
 優咲はホテルでピアノを弾くバイトをする。それは秘密のゲイパーティーだった。彼はそこで有名な現代音楽作曲家の山尾亜来羅(あきら)に出会う。優咲は誘われるまま彼と関係を持つ。それが週刊誌に「有名作曲家と元ゲイビデオ男優の情事」と載ってしまう。  怒った将騎は優咲と絶縁する。優咲はウツになり入院。  亜来羅はアカデミックな作曲家の地位を捨て、夢だった映画音楽の作曲を始める。見た目も若返り、彼を追う週刊誌でさえ彼に気が付かない。  優咲は偶然青磁に会い復縁を激しく迫られるが拒絶。優咲は徐々に現実と虚構の区別がつかなくなる。彼は青磁に連絡し一緒に死のうと迫る。  亜来羅と優咲はピアノとヴァイオリンのコンビでデビュー。彼等のエージェントはゲイビデオまがいのプロモーションビデオを撮り、優咲ファンにサービスする。  亜来羅は映画音楽の仕事を通し清純派の人気俳優、勇理(ゆうり)と知り合う。彼は、実は優咲のビデオの大ファン。  優咲の自殺願望が再び彼を襲う。湖に水没しようとする彼を亜来羅と勇理は必死に助ける
24hポイント 0pt
小説 96,508 位 / 96,508件 BL 9,501 位 / 9,501件
文字数 51,828 最終更新日 2019.10.05 登録日 2019.10.05
3
BL 完結 長編 R18
 優咲(ゆうさく)はヴァイオリン専攻の音大生。背が高く美形である。裕福な親から仕送りがあるのに社会の底辺に憧れ、休学してホテルのバーテンダーをしている。  そのバーに毎月初め、必ず来る謎の客がいる。夜中近くに瀟洒なビジネススーツで現れる彼に、優咲は強く惹かれる。無口な優咲は彼と会話すらしたことがない。  その客、青磁(せいじ)はある夜、優咲をホテルの部屋に招き入れる。二人は情交を結ぶ。 青磁はゲイビデオ制作の会社を経営しており、驚いたことに、優咲をビデオに出演しないかと誘う。しかし青磁は自分のビデオ男優とは付き合わない主義だと言う。それでも優咲は彼のため出演を承諾する。優咲の新しい生活が始まる。  優咲は初めて出演したビデオで、将騎(まさき)という男優と知合う。二人はヤリトモとして仲良くなり、徐々に恋人として付き合うように。  だが優咲は青磁を諦められない。彼は撮影現場にさえ訪れない青磁に腹を立てる。二人の関係は次第に醜く複雑になる。ビデオの内容も過激に暴力的になっていく。  優咲はあるゲイ掲示板で、光星(こうせい)という16歳の少年に出会う。純真な彼との交友は、優咲の不健康な生活を癒してくれる。その後も光星との友人関係は続く。  優咲に『愛の水没』というヒット作が生まれる。彼がバスタブで溺れそうになるコミカルなもの。ビデオが女性に大人気となり、彼女達は優咲が働いているバーに押しかける。女嫌いの優咲にはそれがストレスだ。  青磁との葛藤が深刻化する。優咲はウツ病になるが、青磁はビデオ出演を強いる。六本目のビデオで遂に青磁との関係は終わりとなる。同時にバーの仕事も辞め大学に戻る。そして将騎と一緒に住むようになり、優咲はしばし安定した幸せな生活を送る。  優咲はホテルでピアノを弾くバイトをする。それは秘密のゲイパーティーだった。彼はそこで有名な現代音楽作曲家の山尾亜来羅(あきら)に出会う。優咲は誘われるまま彼と関係を持つ。それが週刊誌に「有名作曲家と元ゲイビデオ男優の情事」と載ってしまう。  怒った将騎は優咲と絶縁する。優咲はウツになり入院。  亜来羅はアカデミックな作曲家の地位を捨て、夢だった映画音楽の作曲を始める。見た目も若返り、彼を追う週刊誌でさえ彼に気が付かない。  優咲は偶然青磁に会い復縁を激しく迫られるが拒絶。優咲は徐々に現実と虚構の区別がつかなくなる。彼は青磁に連絡し一緒に死のうと迫る。
24hポイント 0pt
小説 96,508 位 / 96,508件 BL 9,501 位 / 9,501件
文字数 52,633 最終更新日 2019.10.05 登録日 2019.10.05
3