第4回ほっこり・じんわり大賞小説一覧

タグ 第4回ほっこり・じんわり大賞×
9
1
ライト文芸 連載中 長編 R15
 今日は時間がある。ちょっとあの日を思い出し、妹に話してみましょうか? そんな時間をつくりましょ! 【あらすじ】 「ねね、ちょっときになるんだけどさ」  妹が、顔だけこちらを向けて妹が聞いてくる。 「なあに?」 「どんな話すんの?」  少し首をひねる。 「体験談とかでいいんじゃないかな?」 「えー、あたしの?」 「んー、私の」  まあ、痩せても枯れても語り手は私であり、さじ加減も自在となるはずだ。 「でもさ、昔の事とか適当に話すだけでしょ?」 「『適切に』が正しいよ? 例えば、この前起きたスマホ入水事件とかどうかな?」  私は悪い顔をしていたかもしれない。妹は顔色変える。 「ちょっと! あれは秘密! 秘密でしょう!?」 「私は見たぞ。トイレに出来た、スマホ柱を......」 「あーもうもう! じゃ、あれバラす。この前飲んだくれて......」 「おっと、それ以上はまずい! 戦になるよ」  この勝負、私にとって分が悪い。妹は私の駄目さ加減を私よりも握っていて、しかも私のスマホをひとじちにとる、非人道主義者でもあるのだ。 「酔っぱで素っ裸な面白話があるじゃない! それ以外にも...」 「そこまでだよ、妹よ。これ以上はひみつにしなきゃ!」 「えー!? でもさぁ、もっともっと酷い話が...」  よし妹よ、ちょっとお話しましょうか?  *)このような感じのやりとりで、私の体験談に妹の突っ込みを入れるお話しです。 *)他のサイトで投稿したものをリメイクしたものです。
24hポイント 56pt
小説 11,390 位 / 125,617件 ライト文芸 171 位 / 5,142件
文字数 110,544 最終更新日 2021.08.31 登録日 2021.07.31
こんにちは、今日はいい天気ですね。 なんとなく書いてみたくなった家族…というかペットとかのお話。 何気ない日常を書きたいと思います。 身バレ防止のため、フィクション・ノンフィクション入り混じった内容となりますがご容赦ください。 ※筆者の創作を読んでくださってる方へ…作品のイメージ(あるのか?)崩壊を避けたい方は回れ右でお願いします。 ======= 作:リオール 画:ルイ様 ありがとうございます! 「素人だから文句は受け付けません」 それが彼女から託されたメッセージ…。
24hポイント 35pt
小説 14,786 位 / 125,617件 エッセイ・ノンフィクション 230 位 / 4,412件
文字数 1,953 最終更新日 2021.08.25 登録日 2021.07.31
3
現代文学 完結 ショートショート
本日は、遠藤さくらさんは体調を崩されてお休みとなりました。 全ての記事とは運営が管理しています。目を通してからUPするため時差が生じます。 8時間前後から丸一日前に書かれたものです。 初めて、現代文学の小説が書けたかな…と思える作品が書けました。 読んで頂ければありがたいです。参考文献:宮部みゆき著者時代物本/芥川龍之介羅生門など 夏という事で着物特集にお写真していますが、この間水着を購入したので、許可が下りれば 掲載したいと思います。
24hポイント 0pt
小説 125,617 位 / 125,617件 現代文学 6,237 位 / 6,237件
文字数 2,017 最終更新日 2021.08.01 登録日 2021.08.01
4
現代文学 連載中 長編 R15
全ての記事とは運営が管理しています。目を通してからUPするため時差が生じます。 8時間前後から丸一日前に書かれたものです。 『だって情けないじゃないですか?』 どうして20歳近くにもなって、涙を流してしまうのか分からなかったからです。 青春って何だろう。漠然とした不安が過ぎる。そして、20歳って節目と言うが何だろう。 わたしは涙を流す度に情けなく思い、そしてそれを考える度に、涙を零してしまうのです。 そんな事を考えてしまう自分がまた情けなく思い、大粒の涙が零れます。 『もう、いやだ。』 さくらはそう思いながら、顔を手で覆うと泣き虫な自分を解放した。 その姿は、遠藤さくらとしての弱さの表れであった。 よくよく考えてみると、乃木坂に加入して少しは変化した気がしていた。 だけれども、人間はそんなに簡単に自分の弱さを克服できない。 それを思い知らされたのが、最近であった。 流石に、バンジーをすれば変化する!! 命がけのお仕事をすれば、自分が変われる。 ずっとそう思っていた。 でも、その仕事をし終えて直ぐに涙を流してしまった。 涙を流したことが許せず、頑張った自分は褒めたくて、複雑な心境に陥る。 どうしたらいいのかさえ、分からず、凍えている自分がいる。 これは自分との勝負であり、そしてこの問題は一生付き合う物なんだと思い知らされている。 涙を流す度に、『ごめんなさい』と謝罪しなければいけない自分も嫌いであった。 そして何よりも嫌いなのは、泣いている自分を弄るファンでもなければ、何よりも自分自身の弱さであった。 更には、そんな自分を曝け出してしまう己の弱さが大嫌いだった。 最後に、『人生、面白い事や良い事なんてそうそうないんだよ』 設楽さんが仰ってくださった言葉ですが 人生つまらなくて、当たり前なんだと思えれば、気楽になります。 こうして過去が少しずつ変化し始めた。 そして時代は、遠藤さくら小学六年生へと遡る事となる。
24hポイント 0pt
小説 125,617 位 / 125,617件 現代文学 6,237 位 / 6,237件
文字数 1,786 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.07.31
5
現代文学 完結 ショートショート
総理は死ぬおつもりうですか? 一記事はこのように述べています。 「菅首相が打ったワクチンは偽物」「ワクチンの中身は水銀」 BuzzFeed中国関連企業しかも朝日新聞社です。 だからこそ、ワクチンを打ちたがらない幼少から大人が増加しました。 永遠の命を目指してアレクサンドリア大王は水銀を飲み死にました。 ワクチンが足らない!? おかしいですね。総理は自らの示唆展開の中でワクチンは十分足りると発言しました。 挙句の果てにジョー・バイデン米大統領には我々が日本国憲法を書いたとの意見陳述に 反論無し。しかも、ワクチンを二度摂取することの危険性を総理はご存知でした。 違いますか?だから無能だと言われるんです。 次回で新型『武漢』ウィルスの黒幕開示最終話です。 遠藤さくらさんが7月中に使用した食事代は運営立替で 2,041,280円でした。情報処理学会世界的規模英語(米国ニューヨークタイムズ) に支払った金銭2800万ドル(約30億円)出世払い貸金額 ダイアナ妃の息子の暴露本既に支払い済み22億円は大嘘でした。 支払った後の預金残高も一切増えてはいなかった。 わたしが、朝マックを買いに行く途中感じた事なのですが おうち時間が大切と思い始めてから、あまり以前よりも 家からでなくなっていました。 特に現在は、20代が中心となりまして、外出し、感染して 悪循環の繰り返しを叫ばれる中、外出するのは勇気が必要です。 「死者も増えており、何をしているんだ!!」 30代、40代、50代は思っているが 統計として日々ニュースで叫ばれています。 しかし、本当にそうでしょうか。 わたしは、そうは思えません。 どんな病でも死者は出ます。 そして、化学は、壮大な病と対決しながら死者を出しながら、 病の為のワクチンを作成し 更には、根絶したものもありました。 つまりは、犠牲は必要であり、 今回は20代が犠牲になる事により今後の科学の進歩に寄与する。 これをして、今後どのような効果が生じるか。 効果がなければ、唯の馬鹿の犬死になります。 しかも、ワクチンは効かず、様々なウィルスが合併し合い、 当初 の「武 漢」ウィルスとして有名であった ウィルスの数百倍に既になっています。 現在の、ウィルスレベルは当初のものが、 Lv1だとするならば、今後訪れるウィルスはLv.7である。 この様に定義されています。 わたしたちにできる事とは、限られています。 三蜜を避ける。こんなのは役に立ちません。 続きあります。
24hポイント 0pt
小説 125,617 位 / 125,617件 現代文学 6,237 位 / 6,237件
文字数 2,803 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.07.31
6
現代文学 完結 ショートショート
全ての記事とは運営が管理しています。目を通してからUPするため時差が生じます。 8時間前後から丸一日前に書かれたものです。 遠藤さくらさんが7月中に使用した食事代は運営立替で 2,041,280円でした。 2021/07/31(土曜日)深夜のマクドナルドと松屋。 朝マックは別記事でUP致します。 マクドナルドはファミマになり、松屋はすき家になりました。 もうすでにお金が足りません。 売ったお金はどこへ。 わたしは一人暮らしなので、トイレットペーパーや ティッシュや、化粧品などなど。 トイレットペーパーもエリエールを買うのではなくて 198円くらいのものに抑えれば、お金はだいぶ浮くのでしょうが 430円のエリエールを薬局さんで購入してしまいます。 何を買うにしても、無駄使いが多いです。 ですが、こう書いたからと言って全く直す気はない。 マネーの虎の南原竜樹氏がおっしゃっていましたが 本当に成功する人は、貧乏になった時 お金の使い方を変えられるかどうかだと仰っていました。 成功しても、ホームレスになる人は 外食を避けてキャビアやホアグラの代わりに 納豆や白米だけで我慢できるかどうかだそうです。 本日は、マクドナルドは夜中なのでやっていません。 わたしの弱点ですね。
24hポイント 0pt
小説 125,617 位 / 125,617件 現代文学 6,237 位 / 6,237件
文字数 1,258 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.07.31
<青い空> 君は僕に、愛を教えてくれた。 君は僕に、生きる喜びを教えてくれた。 君は僕に、夢を与えてくれた。 でも僕は君に何か返せただろうか…… 虚弱体質の改善のためスイミングクラブに通いだしたは飯島彩は、木下健一が一目惚れした相手だった。 少しづつお互いに惹かれ合っていく二人。 中学から始まる甘く切ない初恋の物語。 初めに <青い空> 木下健一視点 完結後 <夕暮れの空> 飯島彩視点 それぞれ物語が語られます。 全20話 最後までお読みいただけたら幸いです。 ※第4回ほっこり・じんわり大賞に参加中です。もしよかったら投票の方もよろしくおねがいします。
24hポイント 0pt
小説 125,617 位 / 125,617件 恋愛 35,936 位 / 35,936件
文字数 46,311 最終更新日 2021.08.15 登録日 2021.07.28
 四年前、十二歳の時に無二の親友を事故で亡くした神村綾彦(かみむらあやひこ)は、それ以来その亡くなった親友の妹である竹原若葉(たけはらわかば)を、自分の妹代わりのようにしてきた。  二人の歳の差は四歳。高一になった綾彦にとって、まだ小六の若葉は子供扱いをする相手。けれど若葉にとっての綾彦は少し様子が違って、兄代わり以上にある程度異性として意識をし始めている様子。物語はそんな二人の年代から始まる。 第4回ほっこり・じんわり大賞にエントリーしています。よろしければ応援お願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 125,617 位 / 125,617件 青春 4,856 位 / 4,856件
文字数 117,465 最終更新日 2021.08.25 登録日 2021.07.25
石橋を叩いていいか、まず検索し、さすりながら、ぽんぽん猫パンチしながら、石橋を渡たる。突然、ふと思う。「あ、めんど」そこからは、猛ダッシュで渡りきってしまう。 それが、私だ。 これは、 臆病でネガティブで、面倒くさがりの私が、 どこまで明るく書けるかというエッセイ。 写真は、写真ACからリズム727さん。
24hポイント 0pt
小説 125,617 位 / 125,617件 エッセイ・ノンフィクション 4,412 位 / 4,412件
文字数 40,839 最終更新日 2021.08.10 登録日 2021.05.12
9