縄文小説一覧

タグ 縄文×
2
 経済活動というのは、余分な商品があって、初めて始まる活動だと考えられる。自分で採取したものを、そのまま自分で使うだけであれば、そこに経済活動は発生しない。石器時代と呼ばれる時代から、縄文期に入っていった時、最初に商品となったのは、石であった。  石は、石器として最上級の品質であった、黒曜石である。  黒曜石は、石のままでは価値を持たない。  加工する知識・技術・技能があって始めて、鏃となり、釣り針となって、狩や漁の道具として使うことができる。 参考資料  CGS動画 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行&神谷宗幣  西田正規 著「人類のなかの定住革命」  安田喜憲 著「森と文明の物語」  鬼頭宏  著「人口から読む日本の歴史」  高木久史著「撰銭とビタ一文の戦国史」 日ノ本における、経済の始まりは、縄文期に遡ることができる。  縄文期を含めて、琵琶湖の周囲で調べていると、琵琶湖湖岸地域というのは、巨大な水資源に恵まれ、水運を利用した交易が可能であった交易拠点でありました。世界でも最古の土器が、土偶として発見された地域でもあり、葦原を利用した製品、椎などのドングリを使った料理、稲作の始まり、鉄器や銅鐸、里山の鮒ずし、琵琶湖の周辺では、様々な製品が産み出されています。  経済の始まりを追うという意味では、琵琶湖湖岸地域と言うのは、かなり面白い地域だろうと思います。
24hポイント 0pt
小説 128,269 位 / 128,269件 経済・企業 220 位 / 220件
文字数 51,298 最終更新日 2019.10.15 登録日 2018.11.22
 昔、縄文のころ。  銛一本でクジラを獲ることに挑んだ一人の男がいた。  男の名はオペ。  これはその男と、それを育んだ自然と人々の物語。  失われた日本の原風景に対する鎮魂歌だ。
24hポイント 0pt
小説 128,269 位 / 128,269件 歴史・時代 1,447 位 / 1,447件
文字数 72,268 最終更新日 2016.07.23 登録日 2016.07.02
2