温泉街小説一覧

タグ 温泉街×
4
下呂温泉街に住む平凡な高校生【荒巻恒星】は、若干16歳で英国の大学を卒業し医師免許を保有する同い年の天才少女【御坂麻愛】と期限付きの同居生活を送ることになる。 麻愛の出生の秘密、近親者への恋愛、未成年に抱く禁断の恋心など、 大人たちの複雑な胸中が渦巻く中、 恒星と麻愛に待ち受ける未来は如何に?
24hポイント 113pt
小説 6,857 位 / 86,855件 ライト文芸 93 位 / 3,762件
文字数 118,133 最終更新日 2020.11.21 登録日 2020.07.06
2
キャラ文芸 連載中 長編 R15
物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。
24hポイント 85pt
小説 8,017 位 / 86,855件 キャラ文芸 112 位 / 2,079件
文字数 861,505 最終更新日 2020.11.27 登録日 2019.04.13
この温泉街、何かがおかしい
24hポイント 0pt
小説 86,855 位 / 86,855件 ファンタジー 24,847 位 / 24,847件
文字数 3,182 最終更新日 2020.04.20 登録日 2020.04.20
「今日も沢山売れ残るのかなあ、、、、」 昭和は沢山の団体で賑わった温泉街にある【柳原ベーカリー】の柳原一郎の前に販売促進を手伝うという三木という男が現れる。 『いい物を作ればいつかは解ってもらえるから必要無い』という一郎に対して、 『情報を出していないところは存在しないも同じ』いつかは凄い長いスパンになっているのに、それでも『いつか』を待つかと問う三木。 『PUSH情報とPULL情報』『フリーミアム戦略』『情報を記憶させる方法』など『いつか』のタイミングを早めていく方法を学びながらも、その先にある小さいお店ならではの商売の本質を思い出していく一郎。 しだいに勢いを取り戻してきた【柳原ベーカリー】 そして、街を巻き込んでのイベント開催。その先に訪れる地方創生とは、、
24hポイント 0pt
小説 86,855 位 / 86,855件 経済・企業 193 位 / 193件
文字数 81,222 最終更新日 2017.01.13 登録日 2017.01.13
4