首切り小説一覧

3
深淵なる江戸の闇には、怨霊や妖魔の類が巣食い、昼と対なす穢土があった。 その魔を斬り払う闇の稼業、魔斬。 坊主や神主の手に負えぬ退魔を金銭で請け負う江戸の元締は関東長吏頭・浅草弾左衛門。忌むべき身分を統べる弾左衛門が最後に頼るのが、武家で唯一の魔斬人・山田浅右衛門である。昼は罪人の首を斬り、夜は怨霊を斬る因果の男。 幕末。 深い闇の奥に、今日もあやかしを斬る男がいる。 2023年オール讀物中間発表止まりの作品。その先の連作を含めて、いよいよ御開帳。
24h.ポイント 21pt
小説 25,031 位 / 185,404件 歴史・時代 274 位 / 2,320件
文字数 185,812 最終更新日 2024.03.30 登録日 2023.10.29
 ―― 江戸時代  由比は、岩沼領の剣術指南役である佐伯家の一人娘、容姿端麗でありながら、剣術の腕も男を圧倒する程。  そんな彼女に、他の道場で腕前一と称させる男との縁談話が持ち上がったのだが、彼女が選んだのは、「ぼんくら男」と噂される槇田仁左衛門だった………………  領内の派閥争いに巻き込まれる女と男の、儚くも、美しい恋模様………………
24h.ポイント 21pt
小説 25,031 位 / 185,404件 歴史・時代 274 位 / 2,320件
文字数 47,634 最終更新日 2021.01.15 登録日 2021.01.15
 桜の花弁舞う四月、主人公たちが通う青梛大学は新年度を迎え、新生活に心を躍らせる初々しい新入生が大挙してやってきた。  新入生を巡って各サークルが熾烈な争奪戦を繰り広げるその最中、サークル棟のある部室で、カーテンがズタズタに切り裂かれる事件が発生した。質の悪いイタズラに気味の悪さを覚えつつも平穏に続いてゆく日常。しかし数週間後、同じサークル棟で、桜色に彩られた首のない女の死体が発見される。 ※この作品は小説家になろうでも公開しています。 ※画像はフォロワーのうさこさんからお借りしました。
24h.ポイント 42pt
小説 16,836 位 / 185,404件 ミステリー 146 位 / 4,159件
文字数 127,249 最終更新日 2017.06.23 登録日 2017.06.08
3