あるちゃいる

あるちゃいる

はじめまして、【ぎゅうにゅう】改めまして、カクヨムと同じ【あるちゃいる】と名乗らせて貰います。読専抉らせて下手の横好きが書専に成ったタダの素人です。拙い文とは思いますが宜しくお願いします。
21 12
 中学からの腐れ縁で塩崎隆という奴がいる。  コイツは宵越しの金は持たない奴で、財布の中にある金は使い切る奴だった。 悪いやつでは無いんだが、金遣いが荒く40超えた今でも結婚すらしていない。  飲みに行けば帰りのタクシー代さえ呑んでしまい、帰りを徒歩で帰るのは通常運転。パチンコに行けば出ても飲まれるまで打ち続け、玉が無くなると財布が空になるまで買い足してつぎ込み、徒歩で帰ってくる始末。どうにか貯金させようとしたが無駄だった。  半ば諦めていたら今度は10億当たったとか言い出して、スローライフしたいと言い出したので、半分投資に回せて強引に投資先を推し進めた。  仕事まで即辞めちまうし……。あったら有るだけ使う奴に大金を持たせても二三年で使い切る未来しか見えなかった。広大な土地やら山に住んでも近場に飲み屋街何てあったら一年で使い切るかも知れないと思った俺は、無人島を勧めることにした。 流石に四方を海に囲まれてれば飲みにはいけないと思ったからだ。 ※超絶不定期更新
24hポイント 14pt
小説 29,029 位 / 140,666件 ファンタジー 4,840 位 / 34,261件
文字数 15,944 最終更新日 2022.05.17 登録日 2022.04.20
キャラ文芸 完結 ショートショート R15
岐阜県中津川市にある木曽川周辺の恵那山に住んでたが、ある時餌が足りないから出て行けと言われたゴン。  ツテを頼って隣町のたぬ吉を訪ね仕事が無いか尋ねると  芋でも売れば?と、言われて山に落ちてた軽トラに乗り込み働くことになった。
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 キャラ文芸 3,378 位 / 3,378件
文字数 10,218 最終更新日 2021.12.05 登録日 2021.12.03
ファンタジー 完結 ショートショート
ある日夢を見た
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 2,499 最終更新日 2021.11.29 登録日 2021.11.29
 この度、目出度く11年住んでたアパートを追い出された。  度重なる不況とウイルスのお陰で仕事を首になり、貯金を食いつぶして半年……。  特に仕事を選んで無いけど五十近いと仕事は見つからなかった。  日雇いも早いもの順で決まるため、毎日安い炭水化物を食べて太って動きも鈍い俺では、列に並ぶ頃には定員割れで雇われず、並びに行く事さえやめてしまった。  コンビニやスーパーで働くも、鈍い上に憶えも悪く、学生バイトに馬鹿にされ、若い社員に煙たがれ結局長続きしないで終わった。  魚や肉の解体が覚えられただけでも良しとした。  資格も運転免許とフォークリフトしか持ってない俺は、片目が見えなくなった事で遠近感覚が崩れて乗れなくなって、最早身分証明書としてしか扱わなくなった。そしてそのまま運転免許は失効した。  両親、兄弟、親戚縁者も連絡を取らずに二十年が過ぎ、どこで何をしてるかも知らん。  頼れる人も居ない。    所持品はバイトで警備員やってたときに自腹で買った9Lの雨合羽とポンチョに作業服用のツナギと下着が数枚。  乾電池式のバリカンと百円の安全カミソリ数本、歯磨きセット。  果物ナイフ1本。  業務用大玉飴1袋(1キロ)。(非常食なので未開封)  髪は2ミリにした跡剃ったので、床屋には行かなくて済んでる。  髭は生えなかったので稀に産毛を剃るくらいなのが、せめてもの救いか……。  48歳住所不定無職。  所持品リュック一つ  所持金三万円。  貯金は数百円。  マイナンバーカード。  免許証(失効)カード。  季節は秋……。  「そうだ、紅葉に行こう!」    危機感が麻痺していた俺は、なけなしの金を使って新幹線に飛び乗った。  
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 10,964 最終更新日 2021.11.20 登録日 2021.11.18
恋愛 完結 ショートショート R15
叫び
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 恋愛 43,594 位 / 43,594件
文字数 1,945 最終更新日 2021.11.13 登録日 2021.11.13
ファンタジー 完結 ショートショート R15
*R15は保険です。
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 29,874 最終更新日 2021.11.13 登録日 2021.11.05
限界集落が文字通り限界を迎えると消滅集落となります。 リストラで行き場を失ったアラフィフ男が、限界集落に移住して心機一転農業を頑張ろうとしましたが、辿り着いた村は既に消滅集落に成っていて 誰も住んでいませんでした それでもどうにか此処で暮らしたい男は 元住民の方の好意もあって住めるように成りました 裏山の管理権も譲ってもらい厳しくも楽しい生活がはじまったのですが、掃除中に古い地図を発見して… ※カクヨムにも投稿しています。多少訂正有り この物語はフィクションであり、実在の人物団体とは一切関係御座いません。
24hポイント 7pt
小説 33,997 位 / 140,666件 ファンタジー 5,991 位 / 34,261件
文字数 344,112 最終更新日 2021.11.06 登録日 2020.10.10
山の上にあるポツンと建つ古民家を買った。 管理人の上村さんから鍵を貰い山までの道を愛車のジムニーで走る。 途中まではガードレールがあるが、山の中間まで来るとガードレールもアスファルトも無くなり轍の真ん中に草が生える農道みたいな畦道になる。 畦道になった辺りから山頂までが俺の買った土地になるらしい。 これで10万は安いと思って理由を聞いてみると、歳を取って管理が辛いから手放す事にしたらしく、道の管理も託された。 まぁ、街に出るのに管理しないと草が生えて通れなくなり困るのは自分なので草刈りはするが……ちょっと大変そうだった 「苦労込みで10万なのかな……」 ボソリと俺は呟いた。毎年2、3回刈らないと駄目らしい……そのうちヤギでも飼おう……。 そんな事を考えながら畦道を登っていくと拓けた場所に辿り着く。 ここは地面が固くて草も余り生えないようだ。そこに車を止めて更に上を見上げると蔓や草木が生い茂った家の屋根が見えて来る。 其処がこれから住む古民家だった。 薄っすらと雑草の隙間から石畳が見えて階段もある様だが一度草刈りしないと歩けない。 取り敢えず日も暮れて来たので今夜は此処に野宿する事にした。 次の日には何とか草を掻き分けて階段を見付けて上っていくと石畳の庭らしき場所に着いた。 周りを見渡しても雑草が生い茂りどのくらい広いのかさえ分からなかった。壁中に蔦が絡まり窓から中は見えなかったので、仕方なく玄関らしき場所を見付けて鍵を開ける。 家屋の中はかび臭く壁や床は腐っているようだった。 流石にこのままでは住めないので夏になったら有給と夏休みと使って直す計画を立てよう。 柱などは意外としっかりしていたので全部解体する事は無い様だ。 もう一泊野宿する予定だったのだが、俺は山を後にした。 上村さんにまた夏に来るから今日は帰ると告げた。 帰り際に大根などの野菜をくれた。「豊作だったんだ」と言って嬉しそうに沢山くれた。 今度来る時はお土産を持ってきますと言っといた。 酒が好きだというので俺の好きな日本酒でも持っていこうと思う。 上村さんご夫妻に手を振って別れると車を走らせた。
24hポイント 7pt
小説 33,997 位 / 140,666件 ファンタジー 5,991 位 / 34,261件
文字数 244,575 最終更新日 2021.11.05 登録日 2021.09.01
ファンタジー 完結 ショートショート R15
俺の名前は里山千夏(48歳) 嫁は居ないし彼女も居ない、しがない派遣社員だ。  女みたいな名前なのは俺が生まれてくる時は女だと確信していた親父が生まれた直後に届け出を出したからだそうだ。  そのお陰で小学の頃は虐められた。  中学でグレ始め、高校は途中で辞めた。  20歳まで族に入ってた。  成人式を終えた日に親父が事故で他界してからは、俺が働かないと食っていけなくなり働いたが、直ぐに喧嘩して辞めたりして、母親には随分苦労をかけてしまった。  俺が30になる頃に母親は心労がたたって倒れてしまった。  倒れたのがショックだった俺は心を入れ替えて仕事を始めたが、特に資格も無いのと、長引く不況で正社員の口は無く、曰く付きで有名な派遣会社で働く事に。  母親の治療費を稼ぐ為、派遣社員の給料では足りず、バイトを掛け持ちで始めた。  そんなある日の深夜、コンビニバイトを終えた俺は帰り道でポケットティッシュを貰った。  こんな深夜におかしいなとは思ったが、気にせずに裏を見た。  デリヘルか金貸しのチラシかと思ったがそうじゃなかった。  其処には  【魔法少女募集!】  とだけ書かれていた。
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 34,440 最終更新日 2021.11.01 登録日 2021.10.06
 村を出て腹いっぱい飯を食べるためだけに商人を目指して王都で生きる少年の物語。 商人やるより、冒険者やってる方が絶対儲かる……みたいな感じに書いたつもりが、冒険者やらずに職人やってた件
24hポイント 7pt
小説 33,997 位 / 140,666件 ファンタジー 5,991 位 / 34,261件
文字数 101,545 最終更新日 2021.05.20 登録日 2021.05.13
   星の名前を語れる程発展していない惑星があった。  科学を魔法と思い込んでる様な世界だった。  ここは、ガーディナー王国  隣の国との戦争が長引き、疲弊していた王国は、物語で語られる勇者を召喚しようと考えた。  召喚方法は祈祷師の頭首が遺跡から発見したと報告した為任せる事にしたのだが、かなり眉唾だった。  だが負けるかも知れない戦争だった為、藁をも掴む思いだった王国貴族達は実行することにした。  勇者召喚を行うに当たって必要になったのが伝説の鎧と伝説の剣エクスカリバーだった  勇者を召喚したあと直ぐに出れる様に装備を整えて置こうと考えた貴族達は、王様権限を使って伝説の武器防具を全国民に向けて探す様に命じた。  その命令は田舎の婆ちゃんにも届く程だった。  その一年後、伝説の武器防具を持ってきたという老婆が王様へ謁見の申請を申し出たのだが、門番によって追い返された。  その理由は  「王様に呼ばれて来たんだけど……え?名前ですか?私の名前はデンセ・ツ・エクスカリと申します、歳は今年で68になります」そう言ってニッコリ笑った婆ちゃん。  村のみなは私をエクスカリ婆ちゃんと呼ぶんですと微笑むと第一期生の勇者だといった。  頭を抱えた門番は取り敢えず勘違いだと諭して追い払う事にしたのだが、遠い所から態々足を運んで貰って申し訳ないと頭を下げたあと、自分の財布から金貨3枚を手渡し折角だから王都を観光したあと田舎に帰るように促した。
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 12,101 最終更新日 2021.01.20 登録日 2021.01.14
キャラ文芸 完結 ショートショート R15
 俺は浮浪者である  名前は言いたく無い  昼間は寝ている事が多いのだが、最近見掛ける変な奴の話をしようと思う。  とある浮浪者の日常  ちょっとカテゴリーが分からないので、キャラ文芸にしてみる。きっとアルファポリスの担当者が上手いこと分けてくれるだろうと期待する。    
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 キャラ文芸 3,378 位 / 3,378件
文字数 17,842 最終更新日 2021.01.11 登録日 2021.01.08
 体重二百kg  身長百七十五センチ  椅子から立つのに勢い付けないと立てず  パイプベッドは初日で折れる  部屋でジャンプしたらバキッと音がするし  一日五食は食べる  朝食・10時のお茶(漬け)・お昼・3時のご飯(おやつ)・夕飯    そんな男がある日、異世界召喚された。 R15は保険  
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 17,852 最終更新日 2021.01.07 登録日 2021.01.03
 田舎で馬と暮らす爺ちゃん。周りの住民が歳を取って「都会で息子と暮らすよ」と言って村を跡にして行った。気付けば隣近所に人は居なくなっていた。それでも、馬のゴローと共に居られるならと爺一人と婆馬一頭で仲睦まじく生活していた。そんなある日、備蓄が無くなった、仕方ないので隣町に買いに行くことにした。結構な量を買うので車で行きたかったが、似た年齢の相次ぐ事故で怖くなり車は既に売り払っていた。  その時冬タイヤだけが二本残っていたのでサスペンションも付けたアルミ仕様の、荷馬車風リヤカーを作り、ゴローに引かせて畑の作物などを積んで持ち帰っていた。  なので、その日も隣町へ行くのに荷馬車に乗って出掛けた。  ポックポックと足音を弾ませて農道からアスファルトの道を走り、隣町へと赴く。  その途中で拾ったバイカーの若者三人を見付け、燃料トラブルだからと、三人を荷台に乗せて走る  荷馬車が珍しいのか無駄に目立つし。  小さいお子さんが手を振るので、苦笑いで此方も小さくだが手を振り返しながら最寄りの業務用スーパーに向かう。 のんびり更新(願望)
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 10,778 最終更新日 2021.01.03 登録日 2020.12.31
 プロローグ  20XX年老人ばかり増えて若者の負担が大き過ぎるとようやく気付いた政府は、老人への保証を全て打ち切り、若者の子育て支援に大きく舵を切る事になった。  そして老人達は自給自足しながら山で暮らす事になった。  年齢が70を過ぎた順に年金代わりの鍬と種を渡され、総年金分の家付き田畑を下賜され山奥で暮らす事を余儀なくされた。 もし、山を降りて街に来た事が発覚した場合重い罰金が課せられる様になったばかりか、山村と街の間に関所を設けて監視員が置かれ、ゴム弾を装備した兵士も配備された。  そして今日俺は70歳を迎え、家を出た瞬間目の前にリムジンが止まっていて  「お迎えに上がりました」  黒服を着てサングラスを掛けた男達が、私を見てお辞儀をした後、我が家へと勝手に上がり込みアッという間に荷物を纏めてトラックに積み込んだ。  「では、参りましょう」  そう言って私を強引にリムジンへと乗せると、ゆっくり走り出した。  もう二度と見れない景色を眺めながら都会のビル群を抜けて高速に乗り私がこれから住む山村へと向かった。 のんびり連載
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 18,467 最終更新日 2020.12.21 登録日 2020.12.18
地球とは異なる世界の出来事です。僕は今年10歳になり成人する15歳になるまでに1人前の仕事に就かなければ成らないのに、スキルを告げるシスターから「職業はBourbon」だと告げられた。それを聴いた王城では、まず読み方から調べ始め、次に発音を調べ、正しく言えるまでスキルは発現しないので、永遠と調べる事になった… ※この物語はフィクションです、実在の名称や名前や団体国名等が入っているものも全く関係ない別物です
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 16,830 最終更新日 2020.12.11 登録日 2020.11.25
恋愛 連載中 ショートショート R15
バイブが無いなら、野菜があるじゃない! ってくらいの変態さんとの会話集 これはフィクションです、試そうとしたらイケマセン、似たような名前の何かがあっても、それは別の何かです、無関係です。 カクヨムにも掲載しております。 「」←彼氏さんのセリフ 何もないのが彼女さんのセリフです
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 恋愛 43,594 位 / 43,594件
文字数 9,975 最終更新日 2020.11.22 登録日 2020.10.21
寿司屋を閉めて、店ごと売って団地に双子の息子を連れて引っ越した。息子達は妻の連れ子で一卵性の双子で一人は男の娘。トラブルも特に無く過ごしていたが、ある日押し入れを開けたら店だった。
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ファンタジー 34,261 位 / 34,261件
文字数 93,441 最終更新日 2020.11.09 登録日 2020.10.12
BL 完結 短編 R15
「たまたま好きになった人が子供だっただけですよ」そういうロリコンは多い。さも偶然を装っているが、大半の奴がガチロリだ。 じゃあ今、俺に告ってきたコイツは何だろうか「偶々好きになった人の性別が同性だっただけです」そう言放った。 こいつはガチホモなのか?……そんな奴と付き合ってる俺もガチホモになるのか⁉偶々付き合った人がおじさんだった少女は、ファザコンなのか!?
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 BL 15,909 位 / 15,909件
文字数 10,629 最終更新日 2020.11.09 登録日 2020.10.16
ホラー 完結 ショートショート
小学一年生のときに引っ越して僕は千葉県に住んだ。友達はできなくて懐かしい埼玉に遊びに行った。だけどそこはもう僕の知ってる埼玉ではなくなっていた。
24hポイント 0pt
小説 140,666 位 / 140,666件 ホラー 4,940 位 / 4,940件
文字数 1,967 最終更新日 2020.10.24 登録日 2020.10.24
21 12